エンタメ

マキタスポーツ、けみおと出会い「こえーよ」と思う

 マキタスポーツが、ある若者と出会い「うっすらとした恐怖」を感じたという。その若者の名はけみお氏。1995年、東京生まれの現在19歳で、6秒動画の「Vine」に数々の動画をアップしたことで、女子高生の間で大人気に。わずか1か月でツイッターのフォロワーが10万人を超え(現在はフォロワー37万人超)、2014年8月には「けみお&アミーガチュ」というユニットで「ケロケロ」というデビューシングルを発表するなど、活躍中だ。

マキタスポーツ、けみおと出会い「こえーよ」と思う

放送中、DJプレイをiPhoneで行うマキタ氏。少女時代の曲では「フゥーフゥー」、hideの曲では「アディオス!!」とサイドキックをしていた

「1月2日の深夜に放送された『新年だから完徹de音楽ナイト』という生放送の音楽番組で、けみおくんという195cmはあろうかという大男が、突如として我々の眼前に現れたんですけど。しかも、しゃべるとオネェ言葉というかナヨっとしている。僕も正直、面喰らっちゃって。いつの時代でもこういうわけのわからんコって出てくるよね」

 あたかも90年代の篠原ともえのような、中性的なトリックスターのような人が突如としてスターになることはよくあること、としながらも「正直、もう俺、おじさんだから受け止めきれてない」とマキタは語る。

「そもそもVineがよくわかっていねーし、俺。Vineとかって話題自体が、なんかこえーんだよ。なんかうっすら怖いの。僕には12歳の娘がいるんですが、娘はけみおのことを知っていて動画のネタとかモノマネするんだけど、こえーんだよ、なんか(笑)」

 ただ、こういう新しいメディアを使って登場してくる新スターを、社会を主に構成しているおじさんたちがうっすらと怖がるということは今までもあった、とマキタ氏は指摘する。

「例えば、桑田佳祐さん率いるサザンオールスターズも、旧勢力の大人たちからは眉をひそめられて怖がられていたトリックスターだったわけです。ところが、のちのちすごいことになっていくわけで。だから、こういう人たちっていうのはやっぱり、出てくるんですよ。しかも、若い人たちの支持を受けてね。だから、けみおくんは2015年注目のアーティストですね」

 さて、これらの発言はマキタスポーツのラジオ番組(『マキタスポーツ 土曜もキキマスター!』/ニッポン放送/毎週土曜日 午後7時~午後9時)の1月10日の生放送でなされたものだが、番組の後半では若者に向けてマキタ自らがDJプレイをしながら、次のようなメッセージを贈っていた。

「音楽に限らず、熱い人が持っている熱がちゃんと発信されていると、人には響くんですよ。これから、全然関係なさそうな話をしますが、作家の安部譲二さんって豚肉の脂身が好きなんですって。なんで、僕がこんなことを覚えちゃったかっていうと、あるとき、安部さんがラジオでひたすら『僕ねぇ、豚のねぇ、脂がねぇ、好きなんだよねぇ』って喋っているのを聴いちゃったんですよ。作家なので普段はものすごくボキャブラリーが豊富な方なんですけど、『豚の脂身が大好きでさぁ、ササミとかもう嫌いでさぁ、ヒレカツとか僕大嫌いなんだ、あんなもの。豚の脂身が大好きなんだ』って延々としゃべって、パーソナリティを非常に困らせていたんです。で、その日の晩に僕、トンカツ食べに行きましたからね(笑)。だから、好きなものを好きだということが、理屈やいろんなものを飛び越えて、人に伝わるっていうことはあるんですよ」

 けみお氏の話といい、安部譲二氏の豚肉愛エピソードといい、マキタ流の若者へのエールに満ち溢れてた発言だった。

マキタスポーツ、けみおと出会い「こえーよ」と思う

放送終了後のひとコマ

※ニッポン放送『マキタスポーツ 土曜もキキマスター!』(毎週土曜日 午後7時~午後9時)、次回放送は1月17日(土)。ゲストには前田敦子を迎える。http://www.1242.com/kikimaster/

※マキタスポーツのビジュアル系バンド「Fly or Die」の次回ライブは1月18日!!
2015年1月18日(日)新宿redcloth
『TOP GEAR SHOW!!』
時間:開場18:30 / 開演19:00
料金:前売3500円 / 当日4000円(各1D別)
出演:Fly or Die / ザ・キャプテンズ

取材・文/織田曜一郎(本誌)

ケロケロ

宿系高校生雑誌『HR』の誌面から誕生した原宿発のティーンズ・ユニット、けみお&アミーガチュのデビュー・シングル

ハッシュタグ




おすすめ記事