エンタメ

漫画家まんしゅうきつこ「私の名前は不快でしょうか?」――改名案を大募集!

 ブログ『オリモノわんだーらんど』で彗星のごとく現れた奇才まんしゅうきつこ氏。ある日の深夜、記者として彼女を何度か取材したことがある私のもとに電話がかかってきた。

まんしゅうきつこ氏

漫画家まんしゅうきつこ氏は「この名前のままでいいのか」と本気で悩んでいる

「私、この名前のままでいいんでしょうか? いまさらですけど、不快に思う方もいるんじゃないでしょうか?」(まんしゅうきつこ)

 最初は何かの冗談かと思ったが、話を聞くにどうやら真剣に悩んでいるよう。

 まんしゅう氏は当初(ブログを開設した’12年時)、「まん臭きつ子」という名前だった。しかし家族から「いくらなんでもそれはあんまりだ!」とクレームが多数押し寄せ、現在の「まんしゅうきつこ」という平仮名表記に改名した。

「マイルドにしたつもりだったんですが、何も解決しませんでしたね」(同)

 4月9日、自らのアル中体験を綴ったノンフィクション漫画『アル中ワンダーランド』(扶桑社)と、『ゴーゴーバンチ』で連載中の『ハルモヤさん』(新潮社)の単行本という、まんしゅう氏のコミックが二冊同時発売される。氏はその記念すべき日を前に、あらためて自身の名前について考えたということらしい。

アル中ワンダーランド

自身のアル中体験談を綴った描き下ろし漫画『アル中ワンダーランド』(扶桑社)が4月9日リリース!

「今のところネックなのは『まんしゅうきつこ』というペンネームです。この名前でいる限り、私はメジャーへは行けない。広告の仕事なんてまず来ない。まんしゅうきつこというペンネームで受けた恩恵も確かにありますが、Twitterでエゴサーチできなかったり、飲食店で書いたサインも撤去されたり……。この名前でいる限り、Yahooニュースに掲載されることもないでしょう」(同)。

 まんしゅう氏は「私はメジャーへ行きたい!」と続ける。

「誰も軽々しく口を聞けなくなるくらいビッグになりたいんだよ! 文句は言わせねえよ!! 私だって味の素の広告漫画とか描きたいんだよ!!!」(同)

 気迫に押された記者はまんしゅう氏の言葉を遮り、「では日刊SPA!でアンケートをとってみましょう」と電話を切った。そこで今回、「まんしゅうきつこ」という名前が不快なのかどうか、改名すべきなのかどうか、皆さんの声をお聞かせいただきたい。まんしゅう氏はいま、本気で悩んでいます!

※アンケートの応募は終了いたしました

Q 「まんしゅうきつこ」という名前を、あなたはどう思いますか?
・いい名前だ
・不快な名前だ
・特に何とも思わない

Q 「まんしゅうきつこ」という名前は、「売れる」ためには改名すべきか否か、あなたはどう思いますか?
・改名しないでほしい
・改名したほうがいい

Q もし改名するとしたら、あなたはどんな名前がいいと思いますか?

 まんしゅう氏の今後を左右する(?)かもしれない回答結果は、集計が終わり次第、またこちらで発表したい。

【まんしゅうきつこ】
埼玉県生まれ。日大芸術学部卒。’12年に開設したブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」で注目を浴び、現在は漫画家・イラストレーターとして活躍。『ゴーゴーバンチ』で「ハルモヤさん」を連載中。Webマガジン『ドアラジオ』で「まんしゅうきつこのリフォームワンダーランド」を連載中。

アル中ワンダーランド

まんしゅうきつこ、お酒に逃げたらこうなった……。




おすすめ記事