エンタメ

芸歴15年で3回改名したからわかる「アイドルが改名する本当の事情」【現役グラドル経営者・手束真知子】

 ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

手束真知子

手束真知子

芸歴15年で3度の改名をしました


 私は16歳の時にグラビアアイドルとして芸能界デビューをして、早いもので今年で15年目になるんです。今年は30歳の節目でもあったので秋葉原の「発掘!グラドル文化祭」というグラビアアイドルが働くカフェをオープンしたり、写真集を出したりと精力的に活動しているのですが、実は私、その15年の間に3度改名をしたんですよ!

 なので私には名前が3つあることになります。

16歳の時に「手束真知子(てづかまちこ)」の本名で地下アイドルデビュー
17歳で「原田桜怜(はらだおうれい)」として本格的芸能界デビュー
22歳で「前田栄子(まえだえいこ)」でSKE48の2期生としてデビュー
23歳で「手束真知子(てづかまちこ)」に戻してSDN48に移籍

 そして現在に至ります。

 お友達は今も私のことを「おーちゃん」「えーちゃん」「まっちゃん」と、その当時のニックネームで呼ぶので今も3つの名前に反応出来ちゃうんですっ!なんだか面白いですよね!

次のページ 
ブームになってきている?アイドルが改名する理由

1
2
3
4
全力! フリーガール

「フリーランスで戦うグラドル」の全力な姿は必見!




おすすめ記事