雑学

幽霊より怖い!? 心霊スポットではヤンキー&警察に注意

心霊スポット「心霊スポットで霊に憑かれたらどうしよう」と不安な人もいるだろうが、本当の恐怖は別の部分にある。心霊スポットサイト「路地裏」管理人のTokyo‐Power氏は「むしろ生きてる人間とのトラブルを警戒すべき」と語る。

「夏場の有名心霊スポットには多くの人が訪れるので、別の集団と出会うことは多い。特に怖いのは不良集団。廃墟は彼らの犯罪行為の隠れ家になっていることもあり、現場で鉢合わせて事件に巻き込まれることもあります」

 同氏も廃墟で「何撮ってるんスか?」とヤンキーに襲われそうになったことがあるそう。そのほか一般人でも「ヤンキーにカツアゲされた」「山中の心霊スポットの帰りに暴走族に轢かれそうになった」などの経験者がおり、心霊以上に怖いと言えそうだ。

 また、廃墟にはほかの危険性も。

「管理物件では無断で入ること自体が違法行為です。建物が荒らされることに怒った管理人が張り込んでいて、入ったところを通報されたという話もありました。また、中に入らなくても、建物の実名や住所、写真とともに『心霊が出ます』とネットに書くのは危険。管理者に見つかれば怒られますし、アップした情報を見て多くの人が訪れれば、裁判沙汰になることもあります」

【路地裏】
心霊スポット探索の老舗サイト。リポートや動画、心霊写真なども多く掲載されている http://www.roji-ura.com

― この夏[最恐スポット]に行ってみた ―




おすすめ記事