雑学

世界滅亡説からはや2年。「マヤ暦の終わりで人類滅亡」問題はいったいどうなった?

「世界滅亡」説からはや2年。「マヤ暦の終わりで人類滅亡」問題はいったいどうなった? 2000年のY2K問題以降、毎年のようにXX年問題が取り沙汰される。

 中でも、Y2K以前の「ノストラダムス大予言」以来、久々に騒がれた「終末思想」的な「XX年問題」が2012年や2015年に騒がれれた「マヤ暦の終わり=人類滅亡」問題だ。

 解釈によって異なるのだが’12年や’15年にマヤ文明の暦が終わるとされていることから、人類滅亡の日だと巷で騒がれたのが、『’15年9月3日人類滅亡問題』だ。その後、どうなったのか。オカルト研究家の山口敏太郎氏に、真相を迫った。

「’12年にも同様の問題がありましたが、今度は偶然、古代エジプト文明の暦にも同じような記述があったので、『二つの文明の予言が一致した』と、より騒がれました。けど、実際には何も起こらなかったでしょ? 当然の結果です」

次のページ 
“予言”を解釈することには意味がない

1
2
週刊SPA!1/3号(12/27発売)

表紙の人/ KinKi Kids

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事