雑学

死亡した鉄オタも…山奥の廃線跡はとても危険な場所だった

 草木に埋もれながら人知れず朽ち果てていく古レール……。こう聞くとロマンを感じるかもしれないが、西東京の山奥にある廃線跡は多くの危険が潜む場所だった。

山奥の廃線跡

山奥の廃線跡。足元が薄暗く、マムシなどに気がつかない可能性も

 スズメバチが襲ってくるのはまだいいほうで、近くの遊歩道には「マムシ注意」の看板も。草木がうっそうと茂っているため、足場が悪いだけでなく、何が潜んでいるかわからない。とても廃線探索を楽しむどころではない。

 居合わせた廃線マニアに話を聞くと「以前、カモシカに襲われそうになった」、「クマが出ることもあるらしい」などなど、出てくるのは恐ろしい情報ばかり……。

 鉄道専門誌のライターも「山中の廃線跡散策は絶対におすすめできない」と警告する。

「整備されていない廃線跡は、ただの放置された森と同じ。夏場は野生動物やハチなどの活動が盛んなので襲われるリスクもありますし、長く放置された橋やトンネルの跡は崩落の危険性もある。実際に山奥の廃線の橋梁跡から転落して死亡した鉄道ファンもいます。廃線跡は私有地であることが多いので、勝手に入ると不法侵入で通報されることもありますよ」

 忠告に従い、筆者もそそくさと現場をあとにしたのだった……。

― この夏[最恐スポット]に行ってみた ―




おすすめ記事