脱却したいルーティン

乗りボレジョ、という割りに
ペアボート試乗会の当選確率が割りと低い馬場です。

今年は1回しか乗れてない・・・(´•ω•`)
もっと乗りたいなぁ(。´•ㅅ•。)


さて、先日久々にボートレース江戸川へ行ってきました!

東京支部の石渡鉄兵選手と山田哲也選手のSGボートレースメモリアル壮行会トークショーもあったし、

ボレ女の白河雪菜ちゃんによる自腹舟券ガチ予想会も面白そうだったから♪
(実際超ダイナミック予想で面白かったw)




ボートレース江戸川は全国で唯一の『河川』の水面を利用したボートレース場で


そのままホント、川!ただの川!!


レース間にはビッグサイズのタンカーとか、部屋のようなものを乗せた船とかバンバン通ります。


自然の影響もモロに受けやすいため、全国24場の中でも“難水面”と言われていて、


波をガンガン超えて乗りこなしていく『江戸川巧者』たちがこれまたカッコよさ2割り増し!


そして我々お客さん側も水面際に行くには1度土手を超えなければならないという試練(笑)があるため


土手超え巧者に成るべく、
スニーカーでの観戦をオススメします╭( ・ㅂ・)و
結構傾斜が急だしね。


入口には大魔神がどーーーーんと立っていたり
場内は古い洋画看板が描かれていたり
水面際のベンチ柵には水木しげるさんの妖怪が描かれていたり


江戸川ボートはウロウロしてるだけで楽しいのも良い所♪



私の過ごし方は江戸川へ行ったらまず2マーク側の売店へ行ってブラックニッカのハイボールを購入。

ハイボール

江戸川名物「表面張力」。受取るとき必ずこぼす!

その足で反対の1マーク側まで行っておでんを購入。

おでん

ぎんなんごろごろ

そしてその2つを手に土手のてっぺんからまずレースを眺めて・・・
と言うのがいつの間にか出来た私のルーティン( ´艸`)


そしてもう一つ、いつかは脱却したいルーティンとして


マッシロー

耳とか足とか動くと縁起がいいらしいです…

入口の案内所横に居るマッシローに
負け舟券を食べさせると言う・・・( ;∀;)


いつも入場したらまずコイツに『今日は絶対食べさせないからな!』
と言うも毎回かなわずヽ(`Д´)ノ


負け舟券を食べさせる

舟券を近づけると掃除機のような吸引音が・・・。

今日ももぐもぐ食べやがって!!


あまり上手に食べてくれない

あまり上手に食べてくれない

まだ食べるのか!(私が負けすぎただけ)



帰りは船堀駅までモーター音の余韻に浸りながらまったり歩いて帰るのです。


唯一無二が満載の江戸川はまだまだ書きたいこといっぱいあるんだけど止まらなくなるので今日はこの辺で。


ではまた来週(`・ω・´)ゞビシッ!!

馬場絹依40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する

馬場絹依の他の記事

2015.08.28

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女