グラハムの“反則エビ固め”in ボルティモア――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第19回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第19回


 “スーパースター”ビリー・グラハムは、ビンス・マクマホン・シニアの描いた緻密なシナリオどおり、1977年3月にWWWFのTVショーに登場した。前年1976年1月から4月にかけて約4カ月間、WWWFでの長期ツアーを経験しているグラハムにとっては、これがニューヨーク・ニューヨークでの再デビューだった。

典型的なヒールなのに、ものすごい観客動員力を持っていた“スーパースター”ビリー・グラハム。(撮影=ジョージ・ナポリターノ)

典型的なヒールなのに、ものすごい観客動員力を持っていた“スーパースター”ビリー・グラハム。(撮影=ジョージ・ナポリターノ)

 41歳になったWWWFヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノは、マディソン・スクウェア・ガーデン月例定期戦でのブルーザー・ブロディとの連戦シリーズ(1976年9月4日、同10月4日)にひとまずピリオドを打ったあとは、“古豪”スタン・スタージャックとの2連戦を消化(同11月22日はスタージャックがカウントアウト勝ち、同12月20日はサンマルチノがKO勝ち)。

 翌1977年1月からは元オリンピック重量挙げ代表選手(1972年=ミュンヘン大会)のケン・パテラとの連戦シリーズがスタートし、ガーデン定期戦での第1戦(同1月17日)ではパテラがサンマルチノにカウントアウト勝ち。

 テキサス・デスマッチ・ルールでおこなわれた第2戦(同2月7日)は、両者流血、レフェリー失神の大乱戦モードのままノーコンテスト裁定。完全決着戦としておこなわれた3度めの対戦(同3月7日)は、パテラの大流血によるレフェリーストップというきわどい判定で試合がストップされ、ゲスト・レフェリーのゴリラ・モンスーンがサンマルチノの右手を上げた。

 新作映画の“プレミア上映”にあたるガーデン定期戦でのタイトルマッチ・シリーズで、なぜかサンマルチノはニューカマーのパテラからついにいちどもクリーンなピンフォール勝ちをスコアすることなくこの因縁ドラマに幕を下ろした。

 “怪力”サンマルチノと“怪力”パテラの対決はいかにもニューヨークのファンが好みそうなマッチメークではあったが、サンマルチノの体力的な衰えはすでにだれの目にも明らかだった。

 サンマルチノからグラハムへのタイトル移動の“歴史的シーン”は、やや意外な場所で起きた。その日、メアリーランド州ボルティモアのシビックセンターのリングにはサンマルチノがいて、グラハムがいて、パテラがいた。オープニング・マッチには“5000ドル争奪”16選手出場バトルロイヤルがラインナップされていた。

 第1試合開始直前にリングに上がってきたグラハムは、マイクをつかみ「バトルロイヤルには出場しない。タイトルに挑戦させろ」とアピール。サンマルチノのマネジャー、アーノルド・スコーランがこれを受諾し、急きょメインイベントでサンマルチノ対グラハムのWWWFヘビー級選手権がおこなわれることが決定した。

ニューヨークをはじめ、東海岸エリアの主要都市の各アリーナをソールドアウトにしたサンマルチノ対グラハムのWWWFタイトル戦。(撮影=ジョージ・ナポリターノ)

ニューヨークをはじめ、東海岸エリアの主要都市の各アリーナをソールドアウトにしたサンマルチノ対グラハムのWWWFタイトル戦。(撮影=ジョージ・ナポリターノ)

 ボルティモアのライブの観客はこの“ハプニング”を喜んだ。サンマルチノ対グラハムのタイヨルマッチは、リング中央での手四つの体勢からの力くらべでスタートした。サンマルチノはほとんど技らしい技を使わず、パンチとキックとベアハッグだけで試合を組み立てた。グラハムの得意技もまたパンチとキックとベアハッグだった。

 ――コーナー・サイドの攻防で、グラハムがサンマルチノの両足をすくって正面からのエビ固めのポジションに入った。次の瞬間、グラハムはセカンドロープに両足を乗せた。完ぺきな“反則エビ固め”だった。レフェリーはそのままキャンバスを3回、たたいた。試合タイムは13分43秒。チャンピオンベルトがグラハムの手に渡った。

 サンマルチノは、通算11年2カ月にわたりキープしてきたWWWFヘビー級王座からついに転落した。完全なフォール負けではなく、レフェリーのミス・ジャッジによる不可解な判定になっていたところが――サンマルチノを愛したファンにとっては――救いといえば救いだった。

 もちろん、“ブルーノ信者”は怒りまくった。グラハムは、リング内に投げ込まれるビールやコーラの缶、ボトル、紙くずをベルトではらい落としながら脱兎のごとくリングから退散した。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中