清原被告の初公判後もお構いなし…六本木では堂々と覚せい剤が売られている!?

 今月17日、覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博被告の初公判が開かれた。弁護側の情状証人として、元プロ野球選手の佐々木主浩氏が出廷したことが話題になったが、裁判の争点となるのは清原被告の再犯の有無だ。

 覚せい剤は依存性が強く、再犯率が高いと言われる。また、彼が覚せい剤の入手ルートについて多くを語らないことからもわかるように、そこには裏社会を含む闇が深く広がっていることは周知の事実だろう。

六本木では堂々とシャブが売られていた


※写真はイメージです

 清原被告の逮捕以降、世間から注目が集まった覚せい剤。その影響もあり、売人たちは影を潜めていると思いきや、そうではないらしい。

「いま六本木の繁華街では覚せい剤が簡単に手に入ります」。そう口にするのは、裏社会に詳しいマスコミ関係者のH氏(男性・30代)だ。

※写真はイメージです

「清原被告が逮捕された東麻布のアパートから車で5分ほどの距離にある六本木の繁華街では、黒人の売人が今だにシャブを売ってますよ。売人はイラン系の中東人やガーナ人などのアフリカ系ですね」(同氏)

 5月某日。H氏の情報をたよりに、取材班は夜の六本木交差点付近を歩いてみた。

 彼の情報によると、あるケバブ屋のとなりに立っているガーナ人に声をかけると、ブツが手に入るらしい。

※写真はイメージです

 たしかに、その場所には背の高い黒人が立っていた。

「Do you have any ice?(覚せい剤はあるかい?)」

「No,No!(あっち行け!)」

 彼は手でこちらをシッシッと払い、それ以降は無視。しつこく「ice」の話をすると、他の通行人に声をかけ始めた。仕方がないので、一度その場を離れる。

 だが、その45分後。

 同じ場所に立っていた彼に再び話かけると、2秒ほど無言になった。先ほどのリアクションとはまったく異なる。

「…マッテ」

 彼は、人差し指と中指を2本、こちらに見せてきたのだ。この2本の指が意味するのは「2万円」という値段のことだろう。

次ページ続いて、彼は無言で…

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中