スポーツ

一塁手1位は清原和博。平成最強の内野手ポジション別TOP5

張本勲、立浪和義、松中信彦etc.レジェンドOBが選定!

 平成から令和へ――改めて、平成期のプロ野球界の歴史を振り返れば、平成元年は、セ・リーグ覇者の巨人が、日本シリーズで近鉄と激突。3連敗からの4連勝で近鉄を下し日本シリーズを制した年となる。同年、近鉄のブライアントが対西武ダブルヘッダーで4打席連続本塁打を達成するなど、まさに激動の平成球史の始まりだった。 平成・令和プロ野球「ベストナイン」総選挙 平成全30シーズン中、日本プロ野球界で活躍した選手のうち、ベストプレーヤーは誰なのか? そんな無謀とも思える問いに答える新刊『平成・令和プロ野球「ベストナイン」総選挙』が刊行されている。  ID野球の生みの親・野村克也、御意見番・張本勲、平成の鉄人・金本知憲ら、球界を代表するレジェンドOB69人に緊急取材を敢行。投手3部門(先発、中継ぎ、抑え)、野手8部門(外野手は3人選出)、指名打者の計12部門で、1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点と順位をつけてポイント化。各部門のランキング(※)を作成し、「ベストナイン」を明らかにする、というのがその試みだ。  今回は、内野手編の各ポジション別ベストプレーヤーを大公開。採点者たちの選定コメントと併せて見ていこう。

<平成プロ野球「ベストナイン」総選挙・一塁手編>

1位 清原和博(’86~’08・西武ほか)193点 2位 松中信彦(’97~’15・ソフトバンク)47点 3位 小笠原道大(’97~’15・日本ハムほか)37点 4位 落合博満(’79~’98・中日ほか)34点 5位 アレックス・カブレラ(’00~’12・西武ほか)30点 5位 小久保裕紀(’94~’12・ダイエーほか)30点

打ってほしい時に本当に打てるのが清原

※オフィスキヨハラ公式サイトより(現在は閉鎖)

 強打者が揃う一塁手のポジション。1位は清原和博。「なにより勝負強い」(村田兆治)、「打ってほしい時に打てる。本当にそんなことができる人はなかなかいない」(松中信彦)など、数字、タイトル以上の勝負強さを推す声が目立った。  PLの後輩だった立浪和義は「高校時代から見てきました。竹バットを使って、ライト、センター、レフトのスタンドにどこでも放り込める。とにかく、高卒新人で30本はすごい」と語る。「黄金時代の西武の4番で結果を残した」(川口和久)、「長年、安定した成績を残し続けたという意味で清原以外にいない」(篠塚和典)など実績も評価された。  2位は松中信彦。出場が最も多いのは一塁手の750試合だが、指名打者602試合、外野手325試合と、複数のポジションで活躍していたため票が分散。一塁手では2位となった。「迷ったが、最終的には平成最初で最後の三冠王ということが決め手」(加藤哲郎)のように平成ベストナインは確実視されながら、どのポジションで選ぶか迷った採点者が多かった。  3位は小笠原道大。ファーストからサードにコンバートという珍しい選手だが、それだけに、こちらも票が割れる結果となった。
次のページ 
二塁手には現役選手が登場
1
2
3
平成&令和 プロ野球ベストナイン総選挙

レジェンドOBが選定!


ハッシュタグ




おすすめ記事