【燃費対決】アクアVS初代プリウス 14年の差はどれくらい?【後編】

これまで数々の名勝負を繰り広げてきた大和(初代プリウス)。オークションにて43万円で落札した、このド中古の実力は、当欄ご贔屓のみなさんはご存じのとおり。そんな大和が今回挑むのは、最新ハイブリッドカーのアクア。価格差は100万円以上。14年前に登場した初代プリウスは、ピカピカの最新エコカーにどこまで燃費で迫れるのか?

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
望月浩彦=写真 Photographs by Mochizuki Hirohiko

【前編】はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/142805

 キツネにつままれたような気分で、本番の燃費対決に突入。不肖ワタクシは愛機・大和を運転、アクアは部下の安ド二等兵。そして現行プリウスは本誌D級ドライバーのKだ。コースは幕張周辺の空いた一般道を約16kmばかり。全員、秘術の限りを尽くしてケチケチ・ノロノロと激走した。

結果は!?

【1位】 アクア リッター33.7km

【2位】 大和 リッター30.7km

【3位】 プリウス リッター29km

 アクア、貫録の勝利!! さすが最新のハイブリッドカー!

エコジャッジ

オプションの「エコジャッジ」は超ハマる。しかし「エコ発進」で5点満点を取るためには、超絶ノロノロ発進が必須。後ろのクルマがイライラすること間違いなし。さすがに社会の迷惑だろ!!

 しかし、勝ったとは言え、アクアと大和の燃費差は1割ぽっち。初代プリウスの発売から14年余、14年間で1割の向上というのは、あまり褒められた数字じゃない。

 今回はドライバーの技量の差もあったし、完全に公平ではない。しかし、とにかくアクアは出足が重い。クルマが重いのではなく、モーターの加速力が弱いように感じる。

 アクアは車体が小さい分、バッテリーの容量を小さくしてあるが、それに合わせてモーターの加速力を落とし、それが原因で出足がトロい→エンジンに頼らないと加速しない→思ったより燃費が伸びない、という循環にハマッっているように思えるが、どうなのだろうか?

 テストコースならともかく、一般公道では、あまりノロノロ発進すると他車の迷惑になる。そのあたりの熟成が足りず、“机上の燃費兵器”になっていないか。

 軽い分走りが楽しく、もっと驚異的な燃費が出ると思ったが、期待のしすぎだっただろうか……。

【結論】
今のところ、アクアの走りのフィーリングは、「一に我慢、二に我慢、三四がなくて五にノロマ」。少しキビキビ走らせたら、ガソリン車と大差ない燃費(リッター15km)になってしまった。納車後さらに真実を探求します

グレードは3種類。GとSのグレードはカタログ燃費リッター37km。最上位グレードのLのみリッター40km。価格は169万円~。ちなみに現行プリウスは、マイナーチェンジして217万円~に

― トヨタ新旧ハイブリッドカー燃費対決【2】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中