R-30

プリウスより60万円高の新型プリウスPHVは50年かかってもモトを取れない!?

エンジンとモーターの2つの駆動力を組み合わせて走るのがハイブリッドカーなのは、ご存じのとおり。そんなハイブリッドカーのなかで、電気自動車(EV)のように外部充電可能なものがプラグインハイブリッドカー。ハイブリッドカーよりエコなクルマが欲しいけど、EVだと走行距離に不安がある。そんな人にはピッタリですが、果たして本当にエコなんでしょうか?

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

新型プリウスPHV

モトを取るために50年ぐらいかかっても新型プリウスPHVが欲しいですか?


 次のエコカーのエースは、「外部充電可能なプラグインハイブリッドカー!」というのが世界の趨勢。ということで、こちらのプリウスPHVも、先代に比べて大幅に性能を向上させて登場しました~~!

 電池だけで68km走行できるし、ルーフにはソーラー充電パネルもオプション装備可能。年間1000kmくらいまでだったら、太陽に当てるだけで無銭走行できるんです。エコで先進的ですばらしいですネ!

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1310620

新型プリウスPHV

太陽光充電可能なソーラーパネル(オプション28万800円)。もちろん、これがなくてもEV充電スポットなどで外部充電は可能ですが、せっかく新型プリウスPHVを買うならソーラーパネルを載せたいであります。モトは取れなくても近未来的だし

 ただ私は、地球温暖化論に対しては懐疑的です。つーか億年単位で見ると、地球は間違いなく寒冷化してます! 特にここ300万年は完全に氷期ですネ!

 主な理由は二酸化炭素濃度の低下です。なぜって二酸化炭素って、ここ10億年で見ると1000分の1になっちゃってんだから! いま比較的あったかいのはたまたま間氷期だからで、そのうち必ず氷期がやってくる。トランプ大統領が好きなデカいアメ車が、多少ブイブイ言わせるくらいじゃ焼け石に水です。

 んで、5億年後くらいには二酸化炭素濃度がほぼゼロになって、植物はすべて枯れ、人類含む生物は地球上に住めなくなっちゃうんです! 二酸化炭素ってメッチャ大事だネ! オレもフェラーリにいっぱい乗って、いっぱい二酸化炭素出さなくちゃ! 地球のために!

 でもフェラーリにいっぱい乗ると、困ったことが起きます。

その1 ガソリン代がかかる
その2 下取り価格が下がる

 つまり私が貧乏になるんです。それはとっても困る! だからやっぱりエコカーがいいナ! こりゃ堂々巡りですね。

 つまりエコカーに乗るのは、地球のためじゃなく自分のため。地球のためにはフェラーリやデカいアメ車がいいんだけど、私は自己中なのでフェラーリには滅多に乗らず、ふだんはエコカーに乗ってます。申し訳ございません。

次のページ 
そんな私から見てこのプリウスPHVはどうか!?

1
2




おすすめ記事