フェラーリとパッソで走ること500km。燃費は3倍も違わなかった?

世界で初めてガソリン自動車を作ったのはドイツ人技術者のカール・フリードリッヒ・ベンツ(1886年特許取得)。メルセデス・ベンツの礎を築いた御仁です。それから100年以上経ちますが、いまだに世界の自動車の主流はガソリンエンジン車であります。そんなガソリンエンジンを搭載する“究極の2台”を乗り比べてみました!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

パッソ

遅いのは確かですが相手がフェラーリなんで。間違いなくタントよりは速かったです! 音も静かだし快適性と癒し性は抜群。水色のボディも日本海沿いの笹川流れの美しい風景に映えました

◆姿形は異なれど目指したのは究極!ガソリンエンジンの両極に困惑しました

⇒【前編】『フェラーリvsトヨタ・パッソ。“究極エンジン”異種格闘技対決』

 フェラーリでゆっくり走るのに疲れ、パッソに乗り換えた瞬間、経験したことのない安堵感が! このフニャフニャでダルダルなフィーリングは、戦場から帰還して愛妻のフトモモに顔をうずめたような癒され感! アクセルなんざ、5㎝踏み込んだってほとんど反応しない。グイッと床まで踏みつけても、「あ、加速したな」と気付くのに5秒かかるくらいトロイ。池之平カメラマンが思わずつぶやいた。

「これってパッソじゃなくてパッソルじゃ?」

フェラーリ

フェラーリとその他のクルマの対決は数あれど、相手がパッソというのはこれが初めてでしょう。

 確かにこれは原チャリに近い。原チャリって、加速するときはだいたいアクセル全部回すでしょ? うーん、トヨタの究極のガソリンエンジンってこんななのか……。

 対するフェラーリは、アクセル1mmでウィリーするGPマシン。フツーに乗るにはやや不向きです。さすが究極のガソリンエンジンの両極。フィーリングも両極端でした。

 このようにして、500km走って出た燃費がこれ。

 パッソ……リッター16.7km
 フェラーリ……リッター6.4km


 フィーリングが天と地ほども違って、燃費が3倍も違わないことに、微妙な違和感を覚えました。パッソはもっとゆっくり走ればリッター20km超えると思うけど、エンジンが非力すぎて、“時速100km+α”では、低燃費を実現するエコモードから外れてしまうんだよね。

 この究極のガソリンエンジンを積んだパッソ、日本の普段のゲタとしてはいい。しかしそれ以上のものではないだろう。欧米のダウンサイジングターボ車、たとえばフォード・フィエスタの1000ccターボに比べても、あまりにも遅い。

 これで世界という戦場で戦うのは、厳しいのではないでしょうか? トヨタ様の奮起を待つ!

【結論】
トヨタが本気を出し始めた! というと、どんだけ凄いんだと身構えますが、実感としては「こんなに遅いんだ…」でした。今回は比較対象がマズかったと思いますが、もう少し燃費とパワーを両立させてくださいませ




おすすめ記事