R-30

マツダのライバルはラテン車!? プジョー渾身のディーゼルは最安が最高なり

 国内でも、クリーンディーゼル車の選択肢が増えてきた昨今。とはいえ手ごろな価格のディーゼル車となると、選択肢は限られておりました。そこに登場したのが、プジョーの小排気量ディーゼル車。快進撃中のマツダのディーゼル車はもちろん、プリウスとだってガチンコ対決できる逸材です。自動車趣味人はもちろん、普通の人にもオススメの1台であります。

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

快進撃のマツダもうかうかできない。プジョーの最安ディーゼルは最高!


 我ら自動車趣味人(少数)の間に激震が走っている。

 このたびプジョー・シトロエングループが、ラテン系ブランドとして初めて、クリーンディーゼル車を投入したのである!

 これまでディーゼルと言えば、日本では国産のマツダと、ドイツ勢(BMWとメルセデス)およびイギリス勢(ジャガー)のみだった。あっ、あとイタリアのマセラティがあったな、忘れてた。けどあれは1000万円くらいする高級車。一般人が購入を考える300万円以下のディーゼル車をラインナップしているのは、マツダとBMWミニしかなかった。

 が、この度、日本に導入されたプジョー308アリュール ブルーHDi(1.6ディーゼル)は299万円! 同じエンジンを積むシトロエンC4は279万円! このクラスのディーゼル車の燃料代はプリウスとほぼ同じにつき、車両価格が300万円を切れば、プリウスともガチの節約対決ができるのである!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1199862

プジョー308 Allure BlueHDiは1.6リッターディーゼルターボで120馬力(299万円~)。上級グレードの308GT BlueHDiは2リッターディーゼルターボで180馬力(354万円~)。狙うなら断然1.6であります!

次のページ 
ディーゼル車の主旨は「節約」、高すぎたら意味が無い

1
2
3




おすすめ記事