「魔改造」を巡る模型業界の苦渋 海賊版フィギュア転売者逮捕を受けて

 5月30日に、中国で製造されたと見られる人気マンガ『ワンピース』の海賊版フィギュアを無断で販売したとして、著作権法違反容疑で都内在住の男性が逮捕された。男性は中国の業者から改造された海賊版フィギュアを、1体およそ5千円で購入。昨年夏ごろからネットオークションなどで販売を始め、約100万円の売り上げがあったという。

 同作品の著作権を持つ東映アニメーションは「海賊版など法律上問題がある製品については、関係機関と連携し適切に対応している」というように、メーカーも海賊版氾濫には頭を悩ませ、対応を強めている中での逮捕となったわけだ。

 今回の逮捕容疑は海賊版フィギュアの輸入・販売による著作権法違反。しかし、ネットではそのフィギュアに施されていた「改造」もその一因だったのではないかという声が挙がっている。

 その「改造」とは、「魔改造」 と言われるものだ。「魔改造」とは、フィギュアやガレージキットの服を削るなど極端な改造を加え、裸もしくはそれに近い状態にするエロティックな改造のことだ(車や飛行機などをロボット変型などに改造する例もある)。こうした「魔改造」製品は、逮捕者が出た現在もオークションサイトを中心に流通しており、秋葉原の路上やレンタルスペースなどでも、怪しげな改造フィギュアが販売されているという。

 こうした魔改造及び海賊版フィギュアの流通について、フィギュア業界関係者は次のように語る。

海賊版や改造フィギュアは買い取っていません。個人が制作した、成人向け魔改造フィギュアの相談も来ますが、お断りしていますね」(中古フィギュア販売業者)

「版権シールが無い製品は送り返すほど気をつけています。正規品であっても胸を裸にする等の改造、2体を1体にする等、いわゆる魔改造はしません。今回逮捕者が出たという事で、大変迷惑な話です。オークションなどでも、自分の作品の完成見本写真を、無断でコピーされ使われるなど、トラブルもあったので時々チェックして通報をしています」(模型制作代行業者)

 2003年にはリカちゃんのフィギュア「リカヴィネ」の魔改造が大ブームになり、販売元のタカラが抗議する騒ぎもあった。キャラクターのイメージを損ねかねない魔改造については、メーカーにとっても苦々しい存在といえる。しかし、正規のフィギュアであれば購入者が改造を施すのは個人の自由だと概ね版元も黙認しているのが現状なのだ。

 こうした微妙な関係のもとに存在する「魔改造」フィギュア。そんな中で、海賊版が横行することは、ユーザーの楽しみ方を狭め、自らの首を絞めることにも繋がりかねないのだ。

海賊版は絶対にダメ。消費者が買わないことも大事。買う人がいるから流通してしまうことを忘れないでほしい」(模型愛好者) <取材・文/近藤智大>

この記者は、他にもこんな記事を書いています

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中