ズボラの最終形か? オムツ女子の生態

 草食系男子の増加とともに、“女性の男性化”も叫ばれて久しい昨今。「部屋の片付けをしない」、「下着は上下バラバラ」、「ムダ毛の処理もさぼる」などと、“外見こそキレイでも実はズボラ”という女性が、増えているようだ。

男性用など、成人用オムツも種類はさまざま

 そんなズボラ女子の最終形とも言えそうな、驚くべき生態があった。都内の不動産企業に勤めるOLの足立香織さん(仮名・25歳)が得意げに話す。

「私、ここ半年くらい、使い捨てオムツを使ってるんですよ。生理用品の代わりとかじゃなく、普通に穿いています」

 なんと、彼女は尿を吸収させるためにオムツを普段から着用するという。尿漏れ対策とかいうレベルではなく、“トイレに行く代わり”として使用しているのだ。「ほとんど毎日穿いている」という彼女に、なぜオムツを使うのか聞いた。

「私は普段、外回りで営業もするんです。前に訪問先で営業していたら突然、オシッコしたくなって、『ココで席を立ったらマズイよな~』と思ってガマンしてたら、帰り際に漏らしちゃったんです……。それ以来、急にオシッコしたくなってもいいようにオムツを穿くようにしたんですけど、使い始めたらコレ、超便利! 会社の飲み会とかでも、上司の話の最中って席を立ちづらいじゃないですか? そんな時もこっそり、ショ~って。生理用品だと何回も吸収できないんで、やっぱりオムツのほうがイイんです」

 ちなみに、「念のために普通の下着も持ち歩いている」という彼女。パンツスタイルだとオムツを着けていることがバレるので、装着時にはスカートを穿くようにしているのだとか。

街ゆくあのコも実はオムツ……なのかもしれない

「もちろん、彼氏と会う日とかには履かないですよ(笑)。その日の予定によります」

 これは、過酷なビジネスの世界に身を置く女性が、突然変異しただけなのだろうか……。ズボラ飯は流行っても、ズボラオムツは流行ってほしくないと思う、今日この頃だ。 <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

行列が凄すぎて閉店した「六厘舎本店」が創業地で復活

六厘舎本店
 4月18日(金)、行列が凄すぎて閉店してしまったつけ麺の有名店「六厘舎」が創業地である大崎に再び店舗を構えることになった。  ということで、つけ麺大…

Web連載

右下バナー

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中