ズボラの最終形か? オムツ女子の生態

 草食系男子の増加とともに、“女性の男性化”も叫ばれて久しい昨今。「部屋の片付けをしない」、「下着は上下バラバラ」、「ムダ毛の処理もさぼる」などと、“外見こそキレイでも実はズボラ”という女性が、増えているようだ。

男性用など、成人用オムツも種類はさまざま

 そんなズボラ女子の最終形とも言えそうな、驚くべき生態があった。都内の不動産企業に勤めるOLの足立香織さん(仮名・25歳)が得意げに話す。

「私、ここ半年くらい、使い捨てオムツを使ってるんですよ。生理用品の代わりとかじゃなく、普通に穿いています」

 なんと、彼女は尿を吸収させるためにオムツを普段から着用するという。尿漏れ対策とかいうレベルではなく、“トイレに行く代わり”として使用しているのだ。「ほとんど毎日穿いている」という彼女に、なぜオムツを使うのか聞いた。

「私は普段、外回りで営業もするんです。前に訪問先で営業していたら突然、オシッコしたくなって、『ココで席を立ったらマズイよな~』と思ってガマンしてたら、帰り際に漏らしちゃったんです……。それ以来、急にオシッコしたくなってもいいようにオムツを穿くようにしたんですけど、使い始めたらコレ、超便利! 会社の飲み会とかでも、上司の話の最中って席を立ちづらいじゃないですか? そんな時もこっそり、ショ~って。生理用品だと何回も吸収できないんで、やっぱりオムツのほうがイイんです」

 ちなみに、「念のために普通の下着も持ち歩いている」という彼女。パンツスタイルだとオムツを着けていることがバレるので、装着時にはスカートを穿くようにしているのだとか。

街ゆくあのコも実はオムツ……なのかもしれない

「もちろん、彼氏と会う日とかには履かないですよ(笑)。その日の予定によります」

 これは、過酷なビジネスの世界に身を置く女性が、突然変異しただけなのだろうか……。ズボラ飯は流行っても、ズボラオムツは流行ってほしくないと思う、今日この頃だ。 <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

「40代以上で結婚できない男」に共通する3つのポイント

「結婚できない男」に共通する3つのポイント
 咳をしても一人。それはまだやせ我慢できる。一人の道が暮れてきた。これは誰にとってもきつい。不惑を迎え、人生マラソンをひとりぼっちで折り返す40代独身…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その2:日本人のハイローラー(17)
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
メンズファッションバイヤーMB
ファッション初心者が買うべき「春のユニクロ」ベストバイ3選
オヤ充のススメ/木村和久
フーゾクと風俗営業の違いとは――今さら聞けない夜遊び雑学
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ウォリアーとスティングの“運命の糸”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第80回
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
大川弘一の「俺から目線」
お金を貸したいのはどっちの男?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「質素な生活は自由を増やせる」下流中年の師匠・ムヒカ前大統領の金言をまとめてみたよ
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「疑われてるみたいで気分が悪いよ」――46歳のバツイチおじさんはデート中に怒りをあらわにした
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
原田まりる
10年前に180万円の高級腕時計を盗まれた私は何を思ったか
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
ジムにいるムッツリスケベさんを見て思うこと

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中