整形18回!胸もお尻も改造済みな美人マンガ家・沖田×華

沖田×華

沖田×華さん

「もっと大きく」「より美しいかたちに」「感度を高めたい」などなど、女性たちの理想的なバストやボディライン、性への飽くなき探求心は衰えることがない。それに呼応するように、美容整形の技術も日々進歩しているという。その生き証人の女性がいると聞き、どのような“改造”を行ってきたのか、を語ってもらった。

 障害、いじめ、両親の離婚、自殺未遂などの体験や、看護師、風俗嬢、AV出演などの仕事経験を経て、漫画家として活躍中の沖田×華さん。

 過去に受けた整形手術は計18回。最初は21歳のときの豊胸手術で、きっかけは、「看護専門学校生のとき、学割がきいたから」だという。

「『大胸筋下法』といって、筋肉と脂肪のスキマに生理食塩水を入れる方法だったんですが……ものすごく痛くて! 術後当日は両腕を上げたまま、脇のところからチューブ入れて、サイボーグみたいな状態で(苦笑)。しばらく毎日マッサージしなきゃいけないんですが、それもものすごく痛いんです」

 東京に一泊二日で行った交通費等込みで、費用は計86万円。これまでお茶やサプリ、低周波の器具、掃除機での吸い取りなど、ありとあらゆる豊胸方法を試してきただけに、カップがAからEになった手術の効果は「無敵♪」だったとか。

「彼氏にも内緒でやって、事後報告したら、ポカーンとしてましたよ(笑)。親にも内緒だったんですが、整形すると前の体を忘れるもので、おかんと温泉に行ったときに普通に服を脱いだら、『なに、これ!? 気持ち悪~!』ってビックリされた」

 また、脂肪吸引は何度も経験したが、これは基本的に「筋肉痛程度で、全然痛くない」。

 他にも行ってきた手術は、二重瞼の手術や、埋没、ホクロ除去、小陰唇を小さくする手術など。

「小陰唇は、Tバックはくときに浮いちゃうから、デカいのかと思って、ひとに見せたら『うわ! これ、切ったほうが良いよ』と言われて。切るのはピアスの穴をあける程度で、全然痛くないんですが、ただ、役割がちゃんとあって、おしっこを下に落とすようにできてるんですよね。それが、手術で何もなくなったら、おしっこをするとき、前にとぶんです。和式トイレだと金隠しにビシャーッととんで、それが顔に跳ね返って、一人SMプレイみたい(苦笑)」

 また、お尻のリフトアップも経験済みだが、「お尻の片方ずつ、周りに糸を入れて、巾着みたいにしぼるんですけど、やった後1週間くらいお尻に画鋲が100個刺さってるみたいな痛さでした」と笑う。

 沖田さんがこれまで受けた計18回の手術費用は、約400万円。

「技術も良くなって、値段も安くなっているし、これからもどんどんやっていきたい」と語るのだった。 <取材・文/田幸和歌子>

【沖田×華さん】
1979年生まれ。著書に『ガキのためいき』(講談社Kiss)、『蜃気楼家族』(Webマガジン幻冬舎)など

ガキのためいき

漫画界の最異端・沖田×華の自伝的コミック

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中