日本導入前にベンツ「新型Sクラス」に乗ってみた

高級車の代名詞といえば、今も昔もメルセデス・ベンツ。とはいえ、保守層からの支持率は高いものの同じドイツのBMWやアウディに比べると洒落っ気が足りず、これまではどこか無骨な印象が強かった。そんななか登場した「新型Sクラス」はちょっと違う!? 今秋の日本導入前に、カナダでじっくり乗ってみました!

メルセデス・ベンツ西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

◆110年たっても世界中のセレブを虜にするクルマに乗ってみた!

 メルセデス・ベンツの最上級モデル「Sクラス」のルーツとなる「Simplex 60hP」が発表されたのが、今から110年前。豪華なツーリングサルーンは瞬く間に世界中のセレブを虜にした。

 初めて「Sクラス」の名前が付いたW116モデルシリーズ(1972-1978年)で、今でこそ当たり前のABSを世界で初めて量産車に搭載(1978年)。早くから安全装備にも力を入れていた伝統を引き継いだ「新型Sクラス」は、横長の大きなフロントグリルとともに、全長5.2m、全幅1.9mという堂々としたボディで、一見とっつきにくく威厳たっぷりなのだが、細部に注目してみると意外な発見がある。

 ボディラインは流れるように丸く、テールライトには鮮やかなLEDがふんだんに散りばめられるなど、20~30歳代の新規オーナーが多い「Aクラス」、「CLAクラス」などに共通する最新のデザイントレンドが積極的に採り入れられている。

 もっとも若返りばかりが図られたわけではなく、高級車としての素質も大きく飛躍している。その象徴がインテリアだ。

 レザーとウッドで覆い尽くされたキャビンは、歴史ある欧州ホテルのような佇まいで、どことなく花の香りが漂っている、と思ったら「アクティブパフュームシステム」という香料分子を発散させる装置が組み込まれていた。

 イイ香りは脳内にリラックス効果を高めるエンドルフィンやα波を発生させるため、同乗者だけでなくドライバーの疲労も軽減させるなど安全運転への貢献度も高い。

 リアシートにも仕掛けがたっぷり。背もたれは43.5度もリクライニング。一世代前のビジネスクラスシート並みだ。しかも、ただ倒れるだけでなく、その状態で万が一事故に遭っても、身体がシートベルトの下を潜って前席にぶつからないよう、シート座面に内蔵されたエアバックが展開し、がっちりホールドしてくれる。また、その後席シートベルトにもエアバックが内蔵されていて、衝突時にはベルトが3倍に膨らみ衝撃を吸収するなど、考え得る最善の安全策がとられているのだ。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/489872
『ベンツ「新型Sクラス」を超えるのは「ナイトライダー」の 「ナイト2000」ぐらい』

― メルセデス・ベンツ「新型Sクラス」カナダ試乗記【1】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中