「オーガニック信仰は主婦を標的にしたカルト宗教」藤沢数希氏

オーガニック「オ―ガニックは人の不安につけ込むカルト宗教」と断言するのは、金融・ビジネスなど多様な分野に精通し、辛口ブロガーとしても知られる藤沢数希氏だ。

「最初は手軽な入門編として有機野菜などから始まり、段階を踏んで最終的には専門店で売っているものしか食べられなくしてしまう。のめり込むほどオーガニックではない食品を買っている人が信じられなくなり、『なぜ毒を食べるのか』と責める。つまり“異教徒の弾圧”。立派なカルト宗教ですよ」

 この“オーガニック教”は特に富裕層の多いエリアで流行中だという。

「ハマるのは時間や経済的にも余裕がある主婦が多い。だから不安になる暇がある。子供のため、健康のため、美容のため、そして『農薬は毒だ』なんて脅されればすぐに飛びつきますよ」

 また、「ビジネスモデルとしても儲かる仕組みが確立している」と藤沢氏は語る。

「根拠なき不安につけ込む点では一時期“放射能ブーム”もありましたが、あれは本の出版などでメディアだけが儲かり、それ以外に不安をマネタイズする仕組みがなかった。その半面このオーガニック教は信者も日ごとに精鋭化し、信者たちが各々布教活動を行うので業者は半永久的に潤います。業界全体がカルト宗教染みているうまい手法です。芸能人ブログのステマに加え、ネットワークビジネスの要素も強く、今後も一定の需要を持ち続けるはずです」

【藤沢数希氏】
欧米の研究機関にて理論物理学の分野で博士号を取得。その後、外資系投資銀行に転身。近著に『外資系金融の終わり』(ダイヤモンド社)など

外資系金融の終わり

世界経済を牛耳っていた外資系金融の終わりのはじまり

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中