コスプレイヤーの表現が多様化?「コスホリック10」美女画像集

コスホリック10,満茶フォトログ

各ブースで特大ポスターが掲げられ、新作・旧作のコスプレROMが並ぶ(満茶フォトログ)

 12月29日、コスプレ同人即売会「コスホリック10」が開催された。イベントでは、220以上のサークルがコスプレ写真や動画が収録されたCD-ROM(DVDやSDカードも)を即売、購入者特典で撮影会などが行われた。今回で10回目の開催ということもあり、夏に開催された前回にも負けない盛況ぶりをみせていた。

 実行委員会スタッフは、「イベントを始めた当初は、コミケ落選時のための保険として申し込む人も多かったようなのですが、最近ではコスホリに向けてROMを制作するサークルさんも増えているようです」と10回の積み重ねを実感。さらに、参加サークルの変化については「TwitterなどのSNSを通して写真をアップしたり、今まで以上にレイヤーさんの表現の場や、アピールする機会は多様化しています。即売会でもコスプレROMという形だけでなく、SDカードや印刷した冊子といったメディアも多様に、プロデュースした衣装を販売するなど、色々な表現が出てきた」とも。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/562974/cosholic10_02

 実際、うしじまいい肉によるファッションブランド「PredatorRat」の超ローライズパンツ、思春期マーブルのTシャツなど、注目アイテムは続々登場している。また、会場でもアニメコスプレだけでなく、藤崎ルキノのバスタオル1枚姿をはじめ、乳袋や脚を強調したフェチ衣装も少なくない。一方、人気アニメ・ゲーム作品のコスプレもコミケ同様トレンドに沿っている。人気作衣装からフェチ衣装まで、幅広い表現が揃っていることも、コスホリックの魅力のひとつだろう。

 前回のイベント時に「次回参加しようか今日は見に来ました」と言っていた口枷屋モイラは、今回初参加を果たした。セルフポートレートにこだわる彼女は、「私は自分の萌えに正直に、強いこだわりを持って作品を作りたい」と語っており、長い時にはスタジオに6時間以上で1人で篭って作品作りをしているという。今回の初参加が、これからの創作活動にどのような影響を与えるのか注目だ。

 今後も、コスホリック、フェチフェスなどのコスプレROM即売会から、新しいフェチ、新しいエロス、新しい表現者が生まれて来ることに期待したい。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/562974/cosholic10_10

<取材・文・撮影/林健太>

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中