エンタメ

日本一カワイイぽっちゃり女子が決定!「デブカワNIGHT vol.14 ミス ファットウーマン グランプリ」潜入レポート

 11月10日深夜、新宿ロフトプラスワンにて、”日本一熱くそして重い”スペシャルなイベント「デブカワNIGHT vol.14 ミス ファットウーマン グランプリ」が開催された。

デブカワ 日本でもっとも可愛いデブが決定する年に一度の大会も今回で8回目を迎える。昨年・一昨年は栗栖彩さんがグランプリ2連覇を達成しているが、彼女が3連覇なるか? それとも、新星が出現するのだろうか……。

デブカワ

主宰のFURUCHINさん(左)とMCの住倉カオスさん(右)

日本一カワイイぽっちゃり女子が決定!


 MCの住倉カオスさんと主宰のFURUCHINさんによる軽快なトークで大会は幕を開けた。今大会のグランプリは、審査員5名と会場のお客さんの投票で決定する。さらに準グランプリ、セクシー賞のほかに審査員特別賞やスタッフ賞なども用意されていた。

デブカワ トップバッターは、ぽっちゃり界のニューホープと謳われるあやぴょんぴょんさん。普段はマンガを描いており、浜田ブリトニープロデュースのお店で働いているらしい。今回は流行りの『U.S.A』を踊り、『六本木心中』を歌っていたが、CDが激しく音飛びするハプニングが勃発。少々シュールなパフォーマンスと相成っていた。

デブカワ 続いては、体脂肪率が四捨五入で60%というどすこい系アイドル・どすこ☆いりえさんの登場。アナと雪の女王の挿入歌である『生まれて初めて』を高らかに熱唱。その後のトークで病気のカミングアウトや、実は結婚していたことを明かし会場をざわつかせる一幕もあった。

デブカワ 歌って踊れるテクノ豚姫・Saku-sanさんは、テクノの曲にのせて自分の体重増加に対する憤りを表現。去年の出場時は110kgだったが、今年はさらに数キロ上乗せされているとか。三ツ矢サイダーの暴飲が原因であると自己分析していたが果たして……。

 この後、新大久保にあるぽっちゃり専門デリヘル・BBWのキャストである国生さゆりさんと篠田みうさんが見事なマジックショーを披露して会場を沸かせたが、残念ながら写真はNGだった。

 セクシー女優の三苫うみさんは、その場で即席撮影会を開催。今回の衣装テーマは「ふぁっしょんバブみ」とのこと。料金1000円でとってもエッチな大人の赤ちゃん姿を惜しげもなく撮らせてくれた。もちろん筆者も自腹で参加している。

デブカワ 背丈は小ぶり、お尻は大ぶりなキュートガール・もちきんさん。今回は人気アニソンのデブカワ替え歌で大いに盛り上げてくれた。特に『ようこそジャパリパークへ』の「集まれ友達」ならぬ「集まれデブ専」の歌詞アレンジは痺れた。

デブカワ ”メンヘルファット”な柚咲ましろさんと湯島のゲイバーママ・愛さんのユニットであるフェム猫ましろとリバ漁業組愛(CAT’S EYE)……のはずが、愛さんが突然の欠席。急きょ参戦したわかむさんと即席ユニットでパフォーマンスするも、なぜか脱がされてしまうという衝撃の結末に会場も騒然。

デブカワ デブカワ 長井秀和がプロデュースする物理的大型アイドル・マンモス学級1.5。某国民的アイドルソングをオマージュした『マンモスローテーション』でアイドルらしいキュートな歌とダンスを披露。しかし2曲目の『おしくらマンモスみんなでワッショイ』ではお客さんや出演者をどんどん舞台に上げておしくらまんじゅうで揉みくちゃにする大暴れっぷり! これぞぽっちゃりアイドルの真骨頂!

次のページ 
新たなデブカワアイドルの誕生

1
2





おすすめ記事