西麻布に登場した「ビットコインATM」を使ってみたら…

ビットコインATM

東京・西麻布「VERANDA」に設置されたビットコインATMこと「Robocoin」

 今年2月に取引所大手のマウントゴックスが経営破綻し、大暴落したビットコイン。昨年11月のピーク、1ビットコイン=1200ドルから180ドル(マウントゴック内の価格)まで急落したため、「バブルは終わった」などと思っている人も多いだろう。マウントゴックスの破綻で入金した10万円を失った筆者も、そう思った……。だが、侮るなかれ。実際には買い戻しが入り、直近は600ドル前後で推移。さらにはその人気ぶりを示すように、6月18日には東京に「ビットコインATM」が登場したのだ!

 場所は東京・西麻布交差点から徒歩0分の好立地にあるダイニングバー「VERANDA」。入り口を入ってすぐ右手に、ダーツマシンと並んで、そのATM「Robocoin」は鎮座していた。

 ATMには約50ページの「マニュアル」がぶら下がっている。それを見ながらATMを扱えば、すぐにビットコインが購入できるのだが、さすがに50ページも読む気がしない……。ATMの入力画面をタッチすれば手順が表示されるので、とりあえずタッチしてみよう。

 最初に「ビットコインの買い」を選んでみる。するとまず求められるのはケータイ番号。ビットコインを購入する前に、本人確認の手続きが必要なのだ。

 その手順を簡単に記すと(1)ケータイ番号の入力、(2)入力したケータイにSMSで届く「認証コード」の入力、(3)右手の掌紋スキャン(4回!)、(4)免許証のスキャン、(5)顔写真の撮影……。少々面倒だが、これが最初のステップ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=672469

 なお、ATMを利用する前にビットコイン専用の「ウォレット」というサービスに登録しておこう。日本でRobocoinの運営・管理を行っているビットチェック社では、独自のウォレット「bitcheck wallet」を提供しているが、coinpocketやblockchainなど、ほかのウォレットでも問題ない。購入したビットコインはこのウォレットに入金されるので必須だ。

 Robocoinでの本人確認には約10分の時間を要する。ビットチェック社の峰松浩樹社長曰く「人力で本人確認を行っているため」。スキャンされた免許証の顔写真とその場で撮影した写真の照合、スキャンにより読み取った住所等の確認などは運営サイドが人力で行っているのだとか。ちなみに今回は更新し忘れた運転免許証を使ってみたが……本人確認は問題なくできた。

 本人確認の完了のお知らせがSMSで届いたら、ようやくビットコインの購入が可能になる。

ビットコインATM

画面右の掌紋認証システムは富士通製。初めて利用する際には、本人確認とビットコイン購入時と、2回の掌紋認証が必要になる

 再度、「ビットコインの買い」をタッチし、ケータイ番号、認証コードを入力し、掌紋スキャンなどを実施した後、スマホを用意。ウォレットを開いて、受け取り用のQRコードを表示させよう。Bitcheck walletなら「menu」ボタンから「受け取る」をタップしたら表示できる。Coinpocketなら「receive」をタップすれば表示可能。そのQRコードをRobocoinの入力画面下の読み取りリーダーにかざすのだ。これで、Robocoinがビットコインの入金先を認識する。

ビットコインATM

画面右下のリーダーに、自分のスマホのウォレットで表示させたQRコードを読み取らせて、ビットコインの送信先を設定する

 購入金額を入力し、お金を入れたら約10分でウォレットに反映される。今回は一日の購入可能額の上限である1万円を投入。すると振り込まれたのは、0.16641438ビットコイン。ここで、Robocoinが5%の手数料をとっていたことに気づく……。

 この日のビットコイン相場は1ビットコイン=560ドル。日本円に直せば、約5万7000円だ。ここに0.16641438をかけると、9485円。1万円との差額である515円がRobocoinの手数料として差し引かれたわけだ。

ビットコインATM

お金を入金し、取引が完了すると、このようなレシートが発行される。入金額と取引レートなどが記されている

 5%の手数料は若干高めだが……マウントゴックスに10万円持っていかれたことを考えれば、わずか20分足らずの作業でビットコインが自分のウォレットに振り込まれる感激はひとしお! 付け加えておくと、実際には5%の手数料は決して高くないとも。ビットチェック社の峰松社長が話す。

「実は、Robocoinをカナダの本社で買い付けて、日本に持ち込み、ATMとして運営している業者がほかにもあるのですが、そのATMだとビットコインを買うレートと売るレートが大きく離れているんです。実際には10%ほどの手数料が取られていると考えていいでしょう」

 このほかにもbitcheck wallet上ではクレジットカードでビットコインを瞬時に購入することも可能だが、この際にも5%以上手数料がかかる。一方で、「Payびっと」「BtcBox」という取引所が日本にも登場しているが、どちらも口座開設に1週間近い時間を要する。

 Robocoinは「本体が300万円で、カナダからの輸送料が約60万円」(峰松社長)。1週間たった現在の1日当たりの利用者は数人だ……。とても採算の合うビジネスではないので、すぐにビットコインを手に入れられるコストが5%の手数料と考えれば高くないかもしれない。

 当然、手に入れたビットコインはその場で使用することも可能だ。実際、筆者はVERANDAで1100円分の食事代だけをビットコインで支払ってみた。レジ前の端末に表示されたQRコードを自分のウォレットで読み込み、「1100円」を入金。通常ならビットコインの取引情報の処理には10分の時間を要するが、VERANDAの端末は運営会社が立て替え払いをする仕組みを導入することで、取引時間を短縮。何のストレスもなく、ビットコインの支払いは完了できた。

ビットコインATM

ビットコインでお買い物する際は、自分のウォレットでレジ前の端末に表示されたQRコードを読み取り、支払額をスマホ上で入力して送信するのみ。VERANDAでは10秒足らずで支払いが完了した

 さらに、支払った「0.01889755ビットコイン」をATMで購入した際のレートで日本円に直してみたら、「1060円」。たった40円だが、常に取引レートは変動しているので、使い時を間違えなければお得な買い物も自由自在。「coinmap」(coinmap.org)というサイトで、ビットコイン支払いが可能なお店は瞬時にチェックできるので、一度試してみるべし!

※ビットコインの仕組みや冒頭のマウントゴックス事件の詳細、ビットコインに代わる新たな暗号通貨の台頭などについて知りたい人は『ヤバイお金』(著:高城泰/扶桑社刊)も要チェック!

<取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

ヤバイお金

ビットコインから始まる真のIT革命

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中