美脚大賞の女優4人を徹底フォトレポート 10代~40代の美脚がズラリ

第9回クラリーノ美脚大賞2011,忽那汐里,石原さとみ,米倉涼子,とよた真帆

(写真左から)忽那汐里、石原さとみ、米倉涼子、とよた真帆

スラリと伸びたムダのない人間究極の造形美「美脚」。そんな美への憧れの代表とも言える「美脚」の持ち主に贈られる、「第9回クラリーノ美脚大賞2011」表彰式が19日(水)都内で行われた。今年選出されたのは、忽那汐里(18)、石原さとみ(24)、米倉涼子(36)、とよた真帆(44)の4人だ。巷では少女時代の美脚メイド姿のCMが話題だが、美脚大賞はさらに凄い。10代~40代とタイプの違う受賞者たちの美脚画像とともに、表彰式の模様をお届けする。

⇒ 受賞者4人の美脚画像集(35枚)を公開中!
http://nikkan-spa.jp/77077/bikyaku2011_01

忽那汐里

忽那汐里

◆忽那汐里(18歳・ティーン部門)

「父に見せたら喜ぶかな」

今回の表彰式で初めて設けられたティーン部門を受賞した忽那汐里(くつなしおり)。2006年に国民的美少女コンテストで審査員特別賞として選ばれた後、様々なドラマ・映画に出演し、現在はNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」に出演中。普段は活発でヒールを履く機会があまりないという彼女が履いたのは赤い特注ヒール。美脚の秘訣について話を振られると、「特にないんです」と天然美脚ということが明かされたが、「子どもの頃は水泳ばかりしていて筋肉質な脚でした」ともコメント。健康的な筋肉が、女優として見られる中で美脚をつくっていったということか。

【画像】⇒http://nikkan-spa.jp/77077/bikyaku2011_04


石原さとみ

石原さとみ

◆石原さとみ(24歳・20代部門)

「久しぶりにお酒飲みに行こうかな」

ピンクのブラウスと黒のミニスカートで登場した石原さとみ。今年はティーン部門もあるということで少し大人っぽく、けれどかわいさも取り入れた特注靴は、つま先がゴールド。今回の受賞をうけて、さらなる美脚を目指してジム通いもしたそうだ。「この賞をきっかけに体力も上がって、疲れにくくなったかも」と健康的で美しい脚を手に入れた彼女。出演するNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲 第3部」は11、12月に放送予定。こちらも要チェックだ。

【画像】⇒http://nikkan-spa.jp/77077/bikyaku2011_09


米倉涼子

米倉涼子

◆米倉涼子(36歳・30代部門)

「がんばりました! 短めのほうがいいかしらと思って」

表彰式後の囲み取材でリポーターに真っ先にツッコまれたのは、ひざ上20cm以上はあるミニドレス姿で登場した米倉涼子。普段からむくみやすいという脚のケアはかかさず、「30歳を過ぎてからは、いろんな意味で気をつけないと」とコメントしつつも、ミニドレスから伸びる長い脚をインタビュー中に何度もクロスさせ、報道陣を喜ばせていた。クロスするたびに盛り上がるシャッター音が印象的だった。ドラマ「HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ」が放送中。

【画像】⇒http://nikkan-spa.jp/77077/bikyaku2011_19


とよた真帆

とよた真帆

◆とよた真帆(44歳・オーバーフォーティー部門)

「テーマは熟女にしました」

黒ドレス、黒髪ショートウェーブヘア、黒ストッキングと、熟女感たっぷりで登場したのは、とよた真帆。モデル出身ということもあり、抜群のプロポーションはデビュー当時から変わらず。「スタイルに変化はありますが、今回の表彰式に向けて5kg絞りました」と明かされさらに驚愕。特注の黒いヒールの内側は鮮やかな朱色になっており、シックなデザインの中にさりげないかわいさが施されていた。まさに熟女の魅力! ヒールを脱いで靴の内側を披露した時に見えた黒ストッキングのつま先が艶かしい。現在、ベルギー ワロン・ブリュッセル観光大使も務めている。

【画像】⇒http://nikkan-spa.jp/77077/bikyaku2011_25

2003年から開催されている同賞の受賞者は、相沢紗世、飯島直子、神田うの、杉本彩、観月ありさ、広末涼子、長澤まさみ、黒木メイサら納得の顔ぶれ。なお、過去にあったが今回の表彰式で設けられなかった部門は、昨年のメンズ部門(福西崇史が受賞)、2006年と2007年のスポーツ部門(浅越しのぶ、武田美保が受賞)。来年の美脚大賞では、ロンドン五輪開催年ということもあり、「スポーツ部門」で美脚アスリートの受賞を期待したい。その中でも筆者個人的には“美人すぎるハードル選手”として人気の城下麗奈(じょうしたれな)を推したい。

取材・文・撮影/林健太

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中