ついにHKT48が登場。AKB48が国家プロジェクトに!?

ベテランライターが原点回帰のドサまわり。独断と偏見で選んだ、巷をにぎわすニュースを猛追跡!

【記者・ゴメスが追う 第1回】

10月23日。埼玉県・西武ドームの握手会イベントにて、HKT48(ハカタ)の総メンバー21名がお披露目された。国内の地固めだけではなく、ジャカルタのJKT48、台北のTPE48……と、着々と海外進出をも目論むAKB48プロジェクト。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだが、そんな秋元康氏の多角的かつインターナショナルな動きを1年以上も前から予言し、しかもそれを「国家プロジェクトにすべき!」と主張していた人物がいた。アイドル評論界のドン・北川昌弘さんだ

◆より将来性を見込んだ、HKT48のフレッシュさ?

HKT48

今後の動きが注目されるHKT48 撮影/林健太

「HKT48は、とにかくフレッシュ! なんせ平均年齢13.8歳、最年長者が17歳(菅本裕子)ですから。NMB48のときも『若い!』と感じましたが、今回はそれ以上。SKE48やNMB48のように早い段階から全国展開をしていくのか、それとも若い才能を地元でじっくりと育てるつもりなのか、今後の方向性が注目されます」(アイドル評論家・北川昌弘さん)

地域幅・年齢層……、と盤石な全包囲網的シフトを国内で完成しつつあるAKB48グループ。また10月9日、ベトナムのハノイ市で開かれた『第2回日越友好音楽祭』では、高橋みなみが、ジャカルタのJKT48、台北のTPE48に続く新ユニットに期待を寄せる、こんな発言も。

「今度はVTN(ベトナム)48をつくれないか、秋元康さんに聞いてみます!」

現実的な可能性は別にして、彼女が提唱するベトナムは「場所的に的を射ている」とアイドル評論家の北川昌弘さんは指摘する。

「景気に少し潤いが出はじめたとき、逆に景気に陰りが見えはじめたときにアイドルは一番受け入れられやすいんです。日本でAKB48が受けているのは典型的な後者のケースですが、前者のケースで言えば、ジャカルタだとかベトナムは戦略としてイイ線を突いているのではないでしょうか」(北川さん)

そもそも筆者が北川さんに会って、AKB48を軸とするアイドル論をお伺いしたのは1年以上も前だった。ようやく名古屋のSKE48が軌道に乗りだし、まだ「今度は大阪にもユニットできるらしいよ」といった噂がまことしやかにささやかれはじめていた時期である。

そんなころから北川さんは、早くも「決して大げさではなく、日本経済を立て直すためには、韓国の“少女時代”や“KARA”のように、国家プロジェクトとして政府が本気でAKB48の世界進出をサポートすべき。もうあまり時間的な余裕はありません。他の国にバッタモンをつくられて、逆輸入されたらおしまいだから」と、警鐘を鳴らしていたのだ。

「AKB48こそ、構造不況に震災が襲い、泥沼と化したニッポンにおける一筋の光明なんです。製造業を中心に輸出が行き詰っている昨今、たよりにすべきは日本のポップカルチャー。マンガ、アニメ、ゲームに加え、アイドルとファッションとをうまく連動して、アジア、さらには世界展開するしかない。現状において、その先兵というか、切り札的存在がAKB48だと僕は思う」(北川さん)

◆夢は、ワールドじゃんけん大会?

AKB48コンサートの様子 撮影/渡辺秀之

ここで問題になってくるのが、AKB48人気の今後について。

過去のアイドルブームと照らし合わせても「そろそろヤバイのでは?」という声もチラホラ……。しかし、北川さんはそんな消極的な論調をも一刀両断する。

「予測や分析なんてしてる場合じゃない。今、人気がある、数字が取れることが重要なんです。一番勢いがあるモノに乗っかるべきなんです。これからは国家レベルの展開で、AKB48みずからが海外に乗り込み、アイドルユニットの魅力をアピールしつつ、フランチャイズ化を進め、楽曲はもちろん、日本のポップカルチャー全体を売り込んでいくべき。そして、いずれは“オールジャパン・超選抜”だとか“オールアジア超々選抜”だとかをつくって、世界に打って出ればいい。さらには全世界総選挙だとかじゃんけん大会まで開催できれば素晴らしいじゃないですか」(北川さん)

政府のお偉方、ここまで壮大な絵を描くことができるプロジェクトが、なにかほかにあるなら、言ってみてください!

【山田ゴメス】
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。現在「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系列)(http://www.ntv.co.jp/99answer/)に“クセ者相談員”として出演。『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

取材・文/山田ゴメス

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中