「グラドル自画撮り部」7人が大胆なセクシーコスプレに挑戦

 Twitterでセクシーな自画撮り写真を公開し、一大ムーブメントを巻き起こしてきた「♯グラドル自画撮り部」。発足から1年半、ついに彼女たちの夢が実現する形で発売されたのが、写真集『♯コスプレ自画撮り部 フォト・バイブル』だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=868448

♯コスプレ自画撮り部 6日には、彼女たちがパッケージモデルを務めるコスプレ衣装も同時発売され、その記念イベントが同日、東京のドン・キホーテ秋葉原店にて開催された。今週末13日にも、紀伊國屋書 店新宿南店でイベントが開催される予定だ。

 写真集に参加したのは倉持由香、吉田早希、塚本舞、鈴木咲、青山ひかる、菜乃花、川井優沙の7人。部長の倉持は「当初から紙の写真集を作ることがみんなの目標で、それが今回ようやく叶って感激です! 一時期はグラビアアイドルが雑誌の表紙から一掃された時代もあったけど、最近はグラドルが表紙を飾ることも増えて、少しずつ盛り上がってきているんじゃないかな」と喜びを口にした。

 また、コスプレ衣装をプレゼントすることは喜ばれるという。「撮影会の衣装にいつも困ってしまうので、コスプレ衣装は実用的でもらったらすごくうれしい!」と全員が声を揃えた。SPA!では一人ひとりのコメントを紹介する。

(1)自信のあるカラダのパーツはどこ?(2)写真集の見どころは?(3)お気に入りカットは?(4)最近ハマっているものは?(5)今後の目標は?

●倉持由香(部長)

♯コスプレ自画撮り部

倉持由香

(1)100cmのもっちりヒップです。目つきが悪いと言われる目と、ぼってりした唇も褒められます。

(2)みんなのエッチで可愛い表情と衣装、そして女の子同士の絡みもあるので、そのあたりをチェックしてもらえると嬉しいです!

(3)個人的には最初の見開きページと、まいぷに(塚本舞)のM字開脚がお気に入りです!

(4)いなばのタイカレー缶が美味しいです!最近、お引越しをして自炊をするようになったんですけど、お仕事のあとに自炊をするのが面倒くさいので、タイカレーの缶詰めで生活してます。

(5)みんなで水着や下着のCMに出たい!雑誌の表紙やバラエティー番組にバンバン出て、グラビアアイドル界全体を引っ張って盛り上げていけるくらいの活動をしていきたいなと思います。

●吉田早希(副部長)

♯コスプレ自画撮り部

吉田早希

(1)「吉田山」と言われる柔らかいHカップのおっぱいです。横になるとなくなる、縦になるとある、あるようでない、ないようであるという哲学さえ感じさせるほど柔らかいんです!

(2)スタイリングが可愛くて、女の子でも可愛いって思うようなメイクやコスチュームだったり、そんな甘いようなスタイリングでもきちんとセクシーに撮っているので、男の人でも見どころのあるバランスのいい作品になりました。

(3)まいぷにとの切なくて危うい百合ショットがお気に入りです!

(4)「百合」というものにハマっていいます。一時期の女の子同士の危うい刹那的なものとして捉えると「百合」って綺麗なものなんじゃないかなと思うので。

(5)今年27歳になるので、グラビアアイドルとして活動しつつ、大好きなゲーム関係のお仕事などもっともっと幅広く活動していけたらいいなと思います。

●塚本舞(書記)

♯コスプレ自画撮り部

塚本舞

(1)ぷにぷにのほっぺ、腰肉などなど「まいぷに」の由来になっている全身がプニプニのところ。今回の写真集でパーツ撮りをして頂いた結果、おへそが素敵な形をしてるなって気づいてしまって、縦長で大きめな自分のおへその形も好きになりました。

(2)吉田早希ちゃんと絡みのカットに挑戦していて、かなり顔が近かったり、カラダが絡んでいたりするんですけど、耽美な仕上がりになっているので、普段の自画撮りでは見られない姿を見ていただけたらいいなと思います。

(4)最近、音楽活動を始めて、今まで縁がなかったロックみたいなかっこいい音楽に目覚めました!

(5)自分のこれまでの活動の軌跡だったり、新しい撮り下ろしが入ったような紙の写真集を出したいです。音楽活動やコラムを書いたりイベントプロデュースもやっているので、他のアイドルさんを好きな方たちにもグラドルのことを知ってもらってそこの垣根がなくなればいいなと思っています。

●鈴木咲

♯コスプレ自画撮り部

鈴木咲

(1)もっちーほどは大きくないんですけど、上に引き締まって上がっているお尻です。顔が丸くて、耳がティーカップの取っ手のように立っているところもチャームポイントです。

(2)普段はみんなでグラビアを撮ることが少ないんですけど、二人一組で絡んでたり、一緒に仲良く写真を撮っているところなんかが可愛いんじゃないかなと思います。衣装もメイク、小物、衣装が合わさってすごく可愛くなっているので、コーディネートも見てもらえるとうれしいです。

(3)みんなに褒めてもらったちょっと暗いところで写真を撮っている下着っぽい衣装のカットがお気に入りです。あと、吉田山とまいぷにが「股ドン」といものをやっていて、大胆でセクシーな絡みがすごい!

(4)最近サバゲーに行きまくっています。

(5)冠番組をみんなで持つこと、一人で紙の写真集を出したいです。

●青山ひかる

♯コスプレ自画撮り部

青山ひかる

(1)乳でございます、お胸です、おっぱいです。

(2)写真集はみんなの絡みとか、グラビアで培ってきた経験で、ポーズといい百合で燃えて頂ければなと。パッケージには自分たちが普段は載ることがないので、すごくうれしいものでありまして、洋服のよさを見てもらいたいなと思います。ひとつの集大成で形に残るものなので、やってよかったなって、大事にしていきたいなと思います。

(3)菜乃花さんとの二人の絡みがすごく好きです!

(4)漫画をすごく買ってます。1回の買い物で7,000円使っちゃうほどでした。

●菜乃花

♯コスプレ自画撮り部

菜乃花

(1)フィギュア体型と言われていて、漫画に出てくる女の子みたいな体型をしております。上から95、60、86のIカップなんですけど、おっぱいの形がすごい丸くて、最近はちゃんと細くておっぱいのある体型を維持しているので、どんな衣装も着こなせるところが売りです。

(2)ここでしか見られないコラボグラビアだったり、素敵な衣装でスタイリングも可愛いので、そういうところを見てほしいです。

(3)みんな百合っぽい感じの表情とか、ドキッとする仕草がたくさんあるところ。

(4)広島生まれなので、今はカープを猛烈に応援しております。

(5)今年26歳になるので、精一杯頑張って写真集を出せるようになりたい。コンビニを菜乃花だらけにすることが目標です!

●川井優沙

♯コスプレ自画撮り部

川井優沙

(2)セーラー服を着ているのがあって、普通に着ているのではなく前のチャックを開けて、展開していくところとか、セーラー服とか体操服とか本来その下を見てはいけないみたいなどこか罪な感じがあると思うので、普通の服から水着になるよりも展開がセクシーかなと思います。

(3)体操服のズボンを下ろしているところ。可愛らしい水着が出てきてキュンとなるようなカットになっています。

(4)スマホアプリのゲームでRPGをやっています。塩漬けやオリーブ漬けをお酒を飲まない日でも家で食べたりしています。

(5)まだまだ新人なので、まずはグラドルとして自分のことをいろんな人に知ってもらえたらうれしいです。

●ツーショット自画チェキ会 in 紀伊國屋書店 新宿南店
日時:6月13日(土)14時~
会場:東京・紀伊國屋書店 新宿南店 5階特設会場
参加メンバー:倉持由香、吉田早希、塚本舞、青山ひかる、菜乃花
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-South-Store/20150524102701.html

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>

♯コスプレ自画撮り部 フォト・バイブル

「♯グラドル自画撮り部」がコスプレに挑戦!

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中