運動不足は「一日4分」で解消できる。アスリートも太鼓判を押す「タバタ式トレーニング」とは

CC0 PublicDomain「有酸素運動は12分以上やらないとダメ」「ジムに行くだけで往復の時間が取られる」……。

 忙しい日々を過ごす人にとって、運動しない理由は挙げようと思えばいくらでも挙がる。

 そんな中、トップアスリートや海外のセレブも取り入れている「タバタプロトコル」や「TABATA」と呼ばれるトレーニングがある。

 その内容は、20秒の高強度な運動(代表的な運動としては下の動画のバーピーなど)と10秒の休息を1セットとして8セットやるというもの。

⇒【動画】youtu.be/6K-aaPSgZWs



 実はこのトレーニング、立命館大学教授の田畑泉氏が90年代に発表した論文が、海外のトレーニングマニアの目に留まり、海外で爆発的なヒットになり、逆輸入されて日本にも入ってきたトレーニングなのである。

「元々はスピードスケートのナショナルチームのコーチをしていた入澤孝一先生(現高崎健康福祉大学教授)が導入していたトレーニングで、それを運動生理学的側面から研究し、効果を実証した論文が海外のトレーニングマニアの目に留まり、合理的で高い効果が得られる点が評価されてブームになったようです」と語るのは、今回、このタバタ式トレーニングについて自ら筆を執って解説書『究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング』を上梓した田畑泉氏。

 その効果はアスリートのお墨付き。

 スピードスケートの金メダリストである清水宏保選手もタバタ式を取り入れていた一人。「3週間程度続けると変わってくる。どの練習メニューよりもシンプルで、どの練習よりも効果が得られます」(同書より)と太鼓判を押している。

 また、先日、日刊SPA!に登場し、その後のUFCベルリン大会で見事な勝利を飾った総合格闘家の川尻達也選手も導入している。

「タバタ式は密度が高い。一般の方は、『仕事が忙しくてトレーニング時間が取れない』とかのときに、10分くらいアップして、4分ガーッとタバタ式をやって、その後はストレッチやクールダウン、計30分くらいやるのが効果的」(川尻選手)

 もちろん、アスリートだけではない。

「週2~3回タバタ式を8週間ほどやったところ、8週目の段階では1.5kgしか減っていなかったのに、その後半年で食事はまったく変えていないのに 4kg減っていました。タバタ式で基礎代謝が上がったのか、体力が付いたせいで自然と運動量が増えたのだと思います」(大学職員)

 今回、田畑氏自ら筆を執ったのにはわけがある。実はネットで書かれたさまざまなタバタ式を見て、どうも誤解されたまま広がっているのを危惧したからだという。

「まず『8セット』というのは切りがいいからそうなったのかもしれませんが、論文では6~7セットなので、それでも効果が出ます。また、あまりに強度が低い運動では十分な効果は得られません。他にも多くの誤解があります。そのため、今回の本では器具を使わずにタバタ式に相応しい強度に至る運動を18種類紹介しています。これらを大きな動きで、かつなるべく速いスピードやれば十分な負荷になるはずです。また、ネットで誤解されて広まっている点を理論の面から説明しています」

 田畑氏によれば、ウォームアップ10分+タバタ4分+クールダウン10分を、最低でも週2回、6週間もやれば効果が得られるという。

 忙しくて時間がないけど、運動不足をどうにかしたい……。そんな人はトライしてみては?

※ 負荷が高いトレーニングなので高血圧の方や健康上の不安を抱えている方はお控えください。
 <取材・文/日刊SPA!取材班>

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

逆輸入される際に誤解された点を田畑博士が徹底解説

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中