婚活アプリを利用する女子の声「ヤリ目的の男が強制退会させられるものを選びます」

婚活アプリ

※イメージです

 男性目線で語られがちな婚活(マッチング)アプリだが、当然ながら真剣にこれらのアプリを使って婚活をしている女性も多い。

 だが、そんな女性ユーザーにとって悩みの種となっているのがネットワークビジネスの勧誘やセフレ探しを目的とした男たちからのメッセージだ。

 こうした婚活アプリを巡る問題は、女性だけでなく男性にとっても深刻な状況をもたらす。悪質なユーザーが増えれば、アプリのサービス自体が終わりを迎えてしまう可能性もあるからだ。

 だが、近年ではこれらの問題を解消する策が施されているという。また、「ヤリ目的の男」に遭遇しないために、自衛する策もあるとか。

 現在、婚活アプリを使っているOL3人に具体的に話を聞いた。

――婚活アプリで「ヤリ目男」に会ったことはありますか?

夏希(25才・出版):Omiaiで会った自称経営者の男はヤバかった。私がアプリのプロフィール文に「独立に興味がある」って書いたら、「ビジネスの面で協力できることがありそう」と言われて会うことになったの。そしたら一軒目の店でいきなり身体をベタベタ触ってきて!

宏子(25才・IT):うわ、きもっ! ていうかそいつ、絶対経営者じゃないよ。

夏希:うん。すぐに逃げたかったんだけど、コース料理だったんで最後のデザートが出されたところで「用事思い出した」って言ってなんとか逃げてきた(笑)

真美(24才・アパレル):そのあともしつこく絡んできた?

夏希:ううん。それから一週間くらいでその人すぐに強制退会させられてた。こんなメールが来てさ(画像参照)。

⇒【画像】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=904752

婚活女子の本音

複数女性から通報が入った男性は強制退会になる

真美:どういうこと?

夏希:私がやってたアプリのOmiaiは、実際に会った男がヤリ目だったときに通報できるシステムがあるのね。そういう通報がイエローカードっていうんだけど、一定数たまると強制退会になるの。で、その男は他の女からも通報されてたみたい。

宏子:それって他のアプリでも備わってる機能って聞いたことある。「ヤリ目男」がゼロになることはないから、私は会う話になったときもLINEは教えないでアプリ内だけでメッセージのやり取りをしてる。

真美:画像が送れないアプリだとLINEしたくなるんだけど、OmiaiとかpairsみたいなFacebookログイン系はアプリ内のメッセージで画像を送り合えるから、ぶっちゃけLINE交換する必要ないよね。

夏希:すぐ「会おう」って言ってくる男とLINE聞いてくる男は地雷の可能性あるから避けるのが一番だと思う。ちなみに、その後も私がやりとりしてた男で3人くらい強制退会させられてた(笑)。私ってヤリ目男から狙われやすいのかも(笑)

真美:あんたのプロフ写真は谷間見せて男を釣ってるからね(笑)

<取材・文/日刊SPA!取材班>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中