エンタメ

自民党ブースはモノマネ芸人、民進党はアイドルが登場!美人コスプレイヤーもいっぱい!! 【ニコニコ超会議2016・2日目レポ】

 ニコニコ動画最大の祭典であるニコニコ超会議。

 今年で5回目を迎えた同イベントは、1日目に続き、2日目も大盛況で幕を閉じた。株式会社ドワンゴの発表によると、今年は2日間で会場来場者15万2,561人、ネット来場者554万8,583人を動員。

 本記事では、会場に詰めかけた美人コスプレイヤーの写真とともに、18歳の選挙権解禁を見据えた各政党のブースの様子と、角川ドワンゴ学園が今年開設した通信制高校・N高校の取り組みを中心に振り返る。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1103185

自民党は安倍氏首相のモノマネ芸人が登場


 今年の週参議院選挙で18歳までの選挙権が解禁されるとあって、各政党は今まで以上に気合を入れたブースを設置していた。

 自民党のブースには、安倍総理のモノマネで知られる芸人のビスケッティ佐竹氏が登場。

 同氏は「先日、安倍夫妻と食事をしまして、本人の前でモノマネを披露しました」と告白。結果「無事総理から『公認』をもらいました」と、党公認のモノマネ芸人となったことを宣言し、会場の笑いを誘っていた。

 対して、野党の民進党は枝野幹事長が人気アイドルグループの仮面女子とともに登場。メンバーとともにダンスを披露し、ハイタッチ会も開催。18歳の選挙権解禁に向けて、若者が政治への関心を持ってもらえるようアピールしていた。

 生活の党と山本太郎となかまたちのブースでは、共同代表と1分間話せる「相談室」を設置。2日目の午後は、ガラス張りのたたみが敷かれた和室の中で、共同代表の山本太郎氏に現在の政治の不満を直接訴える参加者が詰めかけていた。

存在感を示し始めた「N高校」


 2016年4月に角川ドワンゴ学園が開設したN高校では、ニコニコ超会議が同校の文化祭にあたる。フードコートでは、ケバブや焼きそばの屋台に並んでN高校の生徒たちが作るホットドッグとパンケーキが登場(それぞれ300円)。



 会場入り口にもN高関係の者受付が設置され、生徒たちの保護者や友人が多く詰めかけた。

 同校の開校がいかに戦略的かは、ニコニコ超会議の来場者を見れば一目瞭然だ。会場をぱっと見渡して目立つのは10代の中高生。保護者と一緒に来場する子どもたちも珍しくなく、今後ニコニコ超会議がN高校の存在をアピールする場として活躍することは容易に想像できる。

@hu_ko_23

 昨年の来場者数よりも約3万人増えた今年の超会議。来年はさらなる盛り上がりをみせそうである。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1103185

<取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事