エンタメ

ニコニコ超会議2016[美人コンパニオン&コスプレイヤー]画像集

 4月29日、30日の2日間、千葉・幕張メッセで「ニコニコ超会議2016」が開催されている。今年で5回目となるニコニコ動画最大の祭典は大盛況だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1102398

ニコニコ超会議2016「ニコニコ超会議2016」は、10~20代の若者を中心に人気の日本最大の動画サービス「niconicoのすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトに、歌ってみた・踊ってみた・描いてみた・アニメ・ゲーム・料理・政治討論など、あらゆるジャンルを網羅したユーザー主体の超巨大イベントだ。

 今年は、歌舞伎役者の中村獅童とボーカロイドの初音ミクの有名楽曲「千本桜」とが融合した「超歌舞伎」や、QVCマリンフィールドでプロ野球が生観戦できる「超野球」、庵野秀明による7月公開の特撮映画『シン・ゴジラ』を記念した「館長 庵野秀明 特撮博物館」など、新たなコンテンツが盛りだくさんだ。

 ラスボスとして若者の間で親しまれる小林幸子の特設コーナーでは、時報が鳴るタイミングで第66回NHK紅白歌合戦のステージで着た巨大衣装が超会議時報バージョンの千本桜に合わせて稼働する。「真空管ドールズ」やSANYOのブースには、有名コスプレイヤーや美人コンパニオンがズラリと並んでいる。

ニコニコ超会議2016 自衛隊、民進党、警視庁、JALのファーストクラス体験など……まさに何でもありのカオス状態であるが、100以上の企業ブースや「超コスプレエリア」は多数の女性で華やかに彩られている。ここでは、美人コンパニオンとコスプレイヤーを写真とともに紹介する。

ニコニコ超会議2016 同イベントでは幕張メッセ全館を使用しているため、各ステージを回っているだけでも一日が過ぎてしまう。ふらふらするもよし、目当ての企画をずっと楽しむもよし、幕張メッセに行けば、現代の若者カルチャーを体感することができるだろう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1102404

<取材・文/北村篤裕 撮影/山川修一>




おすすめ記事