雑学

ファッションのプロはセールで何を買ったのか?「狙うべきは小物!」

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第108回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 さて街はセール一色。秋冬品の投げ売りが始まっています。「セール品は所詮売れ残り、手を出すには審美眼が必要」というのは兼ねてから主張しているとおりですが、もちろん私もセールで購入することがあります。自慢の審美眼を駆使して収穫したセール品を今回は3点ご紹介しましょう。

2WAYで使える「サブバッグ」は狙い目

KAPTAIN SUNSHINE/キャプテンサンシャイン
TRAVEL BAG 1万5120円(30%OFF)

mb10801

10年使ってもおかしくない

 PORTER製のトラベルバッグ。「セールは審美眼に自信がなければ買うべきではない」のが基本ですが、実は比較的良品を手に入れやすいジャンルが「小物」です。メンズのバッグやアクセサリーなど小物類はレディースと比べてトレンド感がさほどありません。メッセンジャーバッグやトートバッグを「もう何年も使っている」という人は多いでしょう。洋服もメンズは保守的ですがバッグなどの小物類は尚更。服と異なり、流行遅れをつかまされる心配がさほどないのです。

 今回のセールで私がGETしたのはこちらのトラベルバッグ。こういった「サブバッグ」的なものはまさにセールの狙い目。「仕事用としては小さいし、普段使いとしてはちょっと値段が高いかな」と敬遠されたのでしょう。見事に在庫が残っていました。

 こういった小さめサイズのサブバッグこそ実は使い勝手がよく、私は仕事ではバッグインバッグとして使っています。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1270475

mb10802

女子はみんな「バッグインバッグ」の使い勝手のよさを知っている

 こんな感じで仕事に必要なデジタルガジェット類を一度にまとめています。ケーブル類やポケットWiFiなどカバンのなかで散乱しがちなものですが、こうした「バッグインバッグ」を使うとスマートに収納できるのです。

 このくらいのサブバッグなら日常、買い物の際などの「クラッチバッグ」としても使えます。財布・スマホくらいならば余裕で収納できるサイズですから。仕事では「サブバッグ」としてプライベートでは「メインバッグ」として2WAYで活用できます。

 加えてこちらPORTER製。縫製から素材に至るまで耐久性は最強クラス。こういったバッグは語ったとおりトレンド感が薄く、1年2年で替えるものではなく下手すりゃ10年単位で使える定番品。1万5120円なら10年と言わずとも5年使えば十二分に得した気分にもなるでしょう。手頃な大きさのサブバッグ、案外セールで残っているのでオススメです。

次のページ 
誰も狙わない、ワンショルダーのナイロンバッグ

1
2
3
最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事