ライフ

ユニクロの新サングラス「過去最高の出来」プロも本当に買っている3アイテム

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第413回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

毎シーズン必ず展開している「ユニクロの地味な人気商品」

 店内で見つけるのに苦労するほど奥においやられているユニクロのサングラスシリーズ。しかし、実は毎シーズン必ず展開している地味な人気商品でもあります。  今回からかなりデザインが変わり、アップデートされたのでおすすめのモデルを3つ厳選してお届け。いいところだけでなく、悪いところも合わせて書いていますのでぜひ最後まで読んでみてください!  春はサングラスでコーディネートの印象を変えてみませんか。ユニクロなら1990円で買えるんですよ……。

★日本人の鼻の高さにマッチしたデザイン

ボストンスクエアサングラス 1990円
ボストンスクエアサングラス

ボストンスクエアサングラス

「ユニクロのメガネなんて……」とナメて着用すると腰抜かすと思います。このモデル本当にスゴイ!! まず安定性とフォルムが完璧!  日本人は欧米人と比べて鼻の頭が低いことが多い。そのためメガネをかけると「ずり落ちて」しまうことが多いので、レンズの位置が下がってしまうのですね。  レンズが下がり眉毛が丸ごとはみ出してしまうとなんとも間抜けな表情になってしまいがち(これはぜひ鏡の前でやってみてください。レンズの位置はしっかり眉毛にかかるor隠れるくらいにないと間抜けな表情になります)。  欧米人のサングラス姿と我々で雲泥の違いがあるのは、実はここに理由があるのです。鼻の頭が低いからレンズの位置が異なるのですね。  ところがユニクロのこちらのモデルはノーズパッドが少し盛り気味。THE日本人な低めの鼻でもしっかりと高い位置までレンズが届きます。
次のページ
「1990円の限界値」に到達したかけ心地
1
2
3
4
5
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート