スポーツ

レジー・ベネット「サムイ島で釈迦とおしゃべりしたぞ」――フミ斎藤のプロレス読本#143[ガールズはガールズ編エピソード13]

レジー・ベネット「サムイ島で釈迦とおしゃべりしたぞ」――フミ斎藤のプロレス読本#143[ガールズはガールズ編エピソード13]

『フミ斎藤のプロレス読本』#143 ガールズはガールズ編エピソード13は「レジー・ベネットの『サムイ島で釈迦Buddhaとおしゃべりしたぞ』」の巻。レジーねえさんはタイのサムイ島に導かれていった。海をながめていたら、目のまえを巨大な雨雲が通過していった。よく目をこらしてみると、雲の上でブッダがよこになっているのがわかった(写真はアルシオン・オフィシャル・パブリシティ・フォトより)

 199X年

 コー・サムイ、コー・サムイ。レジー・ベネットは、コー・サムイKoh Samuiのことをだれかに話して聞かせたくてしようがない様子だった。

 サムイ島はタイで3番めに大きな島。バンコクの南710キロに位置するリゾート・アイランド。スラターニ県。人口は3万5000人。面積247平方キロメートル。

 島の経済を支えているのは、観光ビジネスとココナッツの生産。もちろん、なにからなにまで1年じゅう夏のメニュー。時計のいらない場所。

 レジーねえさんは、サムイ島のラマイ・ビーチに導かれてしまった。トーキョー(成田)からバンコクまでのフライトは約5時間。そこから先のことはとくに決めないでおいたら、バンコクに着いたとたんサムイ島のイメージが頭に浮かんできた。

 島へのアクセスは、バンコクからスラターニまで鉄道を使い、スラターニからサムイ島まで船に乗る方法か、バンコク―サムイ島間を飛んでいるバンコク・エアウェイズの直行便を利用するかのどちらかだ。

 国内線のチェッキングカウンターへ行ってみたら次の便に空席があった。

 観光のピークシーズンは1月半ばから6月くらいまでで、7月から9月いっぱいは軽めの雨期。10月中旬から翌年の1月まではどしゃ降りの雨期になる。

 レジーねえさんは、太陽とスコールが追いかけっこをする1年のうちの最後の2週間をこの島で過ごした。カレンダーのうえでは夏休みと冬休みのちょうど中間にあたる季節だから、観光客らしき人びとの姿はほとんどみかけなかった。

 これといったあてもなくビーチをほっつき歩き、たまたま目にとまった民宿のフロントを訪ね、そこのおじさんとおばさんが経営するビーチ沿いのバンガローに1週間、お世話になることにした。

「何人(なにじん)なのだ?」とたずねられたので「アメリカンだ」と答えたら「アメリカ人がここに来るのはめずらしい」とほめられた。

 でも、バックパッキングはアメリカ人の専売特許である。フツーのジャパニーズ――たとえばぼく――はそこまで無計画な旅はなかなかできない。

「だからダメなんだよ! Have A Life!」とレジーねえさんは力説する。

 たまにはなんにもプランを立てずに時間を過ごすこと。明るくなったら起きて、暗くなったら寝る。おなかが空いたら食べて、そうじゃなかったらなにも食べない。

 音楽も聴かないし、テレビも観ない。新聞も雑誌も読まない。ただ、目と鼻と耳と肌を通して体のなかに入ってくる海の感覚だけが“情報”になる。島に2、3日いると地球の機嫌がわかってくるような気がする。

次のページ 
トーキョーと比較するとタイの物価はやっぱり安い

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。




おすすめ記事