エンタメ

加藤シゲアキの『チュベローズで待ってる』が2018年一番売れる本になるのでは? 芥川賞作家・羽田圭介がベタ褒め

『週刊SPA!』での連載開始から1年半。作家・加藤シゲアキの最新長編『チュベローズで待ってる(AGE22AGE32)』が、ついに発売となった。予想以上の反響の大きさに発売前から重版が決定。早くも15万部を突破した話題作の刊行を記念し、このたびスペシャルトークイベントが開催された。

本棚

会場の棚一面が『チュベローズ』一色に

『チュベローズで待ってる』書影

『チュベローズで待ってる』は、上下巻をこのように並べると装丁が一枚の絵に!

 物語の前編(上巻にあたる「AGE22」)の舞台となった新宿・歌舞伎町にちなみ、会場となったのは歌舞伎町のど真ん中にある異色の書店「歌舞伎町ブックセンター」。新宿バッティングセンターを眼前に臨む立地は、まさに作中に登場するホストクラブ「チュベローズ」を彷彿させる。

 物語の世界観が存分に感じられるこの場所で、聴衆として集まったのは歌舞伎町で働くホスト&キャバ嬢の皆さん! 普段はあまり本を読まないという面々に『チュベローズで待ってる』の魅力を伝えるというミッションのもと、トークショーは開催された。MCを勤めるのは、同じく新宿をホームグラウンドとする吉本興業所属のピン芸人・タケト氏。壇上に立つは、著者・加藤シゲアキ、作家仲間である芥川賞作家・羽田圭介氏、そして「歌舞伎町ブックセンター」のオーナーにして元カリスマホストである手塚マキ氏である。

MCのタケト氏

MCのタケト氏

登壇者

登壇者の羽田圭介氏(左)と手塚マキ氏(右)

 重版の報せに「15万部ですか……!」と絶句する羽田氏に、「僕よりいいリアクションしてくれますねぇ」と照れ笑いする加藤。和やかなムードの中でトークショーは始まった。

羽田「出版業界に身を置いている人間としては、15万部は信じられないですよ。1万部でも『刷ったねえ』と言われるご時勢なのに。上下巻っていうのもすごい。これは売れるって作品じゃないと上下巻にしてくれませんからね。ぼくが原稿用紙1000枚の作品を書いたときも、一冊でまとめられちゃったんですよ! 売れっ子作家はぼくより少ない枚数でも上下巻にしてもらってるのに」

加藤「ぼくも、最初は一冊にしようと思ってたんですよ。でも、ストーリーが10年のタイムラグを挟んで分かれているし、手に持ちやすい方がいいなと思って、ふたつに分けたんです。一冊のほうがガツッとしていてカッコいいと思うんですけどね」

――加藤さんと羽田さんは、以前からお付き合いが?

加藤「『タイプライターズ』という番組を又吉さんとやっていまして、そこにゲストで(羽田氏に)出ていただいて以来ですね」

羽田「加藤さんのためなら……ということで(イベントの出演を)お受けしました。毎回、仕事のお話が来ると必ず『ギャラいくらですか?』って聞くんですが、今回は『最悪、ギャラなしでもいいか』って。本当に数年ぶりに、ギャラを聞かずに引き受けた仕事です(笑)」

加藤「え、ノーギャラでいいんですか? ありがとうございます!(笑)」

次のページ 
なぜホストを主人公に?

1
2

イベント会場となった「歌舞伎町ブックセンター」では、『チュベローズで待ってる』ウィークとして、12月18日頃まで本棚が『チュベローズ』一色に!

加藤シゲアキファン、『チュベローズ』ファンは、ぜひ記念撮影に訪れてみては?

「歌舞伎町ブックセンター」
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-28-14

歌舞伎町ブックセンター
歌舞伎町のど真ん中にある「歌舞伎町ブックセンター」

チュベローズで待ってる AGE22

歌舞伎町の夜に交わる男と女のミステリー巨編


チュベローズで待ってる AGE32

すべてを覆す愛と衝撃のラストシーンに驚嘆





おすすめ記事