お金

仮想通貨を盗まれて、親友から借りたカネも返せなくなった――「お金0.0」ビットコイン盗まレーター日記<第5回>

AM 8:00 築地市場駅 いた。 僕「おはようございます!!!あのですね…!」 親友「あれぇ?!こんなところでお会いするなんて、奇遇ですね~」 僕「え、あ、そ、そうですね~。奇遇ですねぇ~…」 親友「今日は、お寿司ですか」 僕「はい。お寿司です」 親友「行きましょう」 僕「はい…」 オキマリの挨拶で機先を制された。だが、まだ言うチャンスはある。 親友行きつけの岩佐寿しへ。 店内に入ると、キレイな女将さんが迎えてくれる。 女将「いらっしゃいませ。明けましておめでとうございます」 僕&友「おめでとうございます」 女将「どうぞこちらへ。お正月はいかがお過ごしでしたか?」 親友「いえ、どこも行けず・・・」 女将「あら、どこかお悪いんですか」 親友「えぇ。特に懐具合が」 女将「まぁ!んもー!」 店内が笑いに包まれる。 親友「何にしようか」 僕「ぼく、今日は、お腹空いてます」 親友「わかりました。女将さん。おまかせ2つお願いします。あと、日本酒を常温で2つ」 女将「はい。おまかせ2つねー!」 僕「あの…実は…、話さないといけないことg…」 板「はいこちら!!!チュウトロとヒラメとおぉトロです!!!」 お寿司が3貫ずつ握られてくる。親友は一心不乱に食べている。 「……」 よし、先に食べよう。 お金0.0 中トロ、日本酒、ヒラメ、日本酒、大トロ、日本酒、海老、赤貝、日本酒、日本酒、ウニ、日本酒、穴子、日本酒、タマゴ、お茶、鉄火巻、お茶。 はぁ~♡ 僕&友「ごちそうさまでした!」 女将「ありがとうございました♡またいらしてね~」 親友「生きていれば、また、参ります」 女将「あはは~!」 帰り道。 伝えなきゃ。帰りの電車でぜんぶ話そう。 えーと、借りていたお金を仮想通貨で運用していた件ですが、ちょうど昨日の今くらいの時間に渋谷で盗まれました。 渋谷関係ない。 姿の見えないハッカーにパスワードを突破され、僕が見ている目の前で画面の残高がゼロになりました。 そしてそれから警察に電話して、新宿警察署にも行ったんですが、被害届も出せなくて、でも大丈夫です。 いえ、ちっとも大丈夫じゃないですけど、僕が生きている限り、借りたお金は必ず返したいと思います。 心配かけてすみません。もう少しだけ、待ってくれると助かります。 という感じのことを2秒で伝えてしまいたい。 ――――都営大江戸線 僕「あの…、」 親友「ん?」
次のページ 
実は昨日…、色々あって・・・
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事