エンタメ

名酒・十四代が格安で飲める立ち飲み屋。ひとり酒の可憐な女性客も…

<女性ファッション誌『mina』のレギュラーモデルを務め、グラビアでも活躍する“モグラ女子”の高田秋。“オジモ”(競馬や立ち飲みなどおじさんっぽい趣味を持つモデル)として、「BSイレブン競馬中継」のレギュラーMCで活躍する顔も持つ。さらにお酒も大好きな彼女が“立ち飲み”をテーマに、この連載でさまざまな立ち飲み屋の門をたたき、その魅力を伝えていく。>

高田秋&鈴傳

スタンディングルーム鈴傳さんに

「スタンディングルーム鈴傳」へGO!


 今回の立ち飲みは一味違う! 私、初めての体験でした。それは酒屋の「鈴傳」さんがやっている立ち飲み屋「スタンディングルーム鈴傳」さん(東京・新宿区四谷)。酒屋さん自体はなんと嘉永3年(1850年)から四谷にあり、併設する形で立ち飲み屋があります。いわゆる角打ちが原型となっているお店です。これはお酒に期待大!

 入ってみると17時だったせいか、お客さんもちらほら。夕方なのにお客さんがいることに衝撃を受けていたのは連載の3回目まで。19時ごろには、混み合ってしまうことが多いそうなので、行かれる際は注意してください。

 始めの1杯はアサヒスーパードライの瓶ビール(大・500円)で、まず喉を潤します。喉がカラカラだったこともあり、さいっっっこうの始まり。

 つまみはショーケースに並んでいる1皿400円か450円のメニューを選ぶシステムです。明太おろし(400円)やポテトサラダ(400円)、アジフライと山芋フライのセット(450円)などお酒が進むメニューを頼み、お腹も満足。曜日によって牛すじ(火曜日)、レバー(水曜日)、煮玉子、串カツ(金曜日)といった目玉メニューもあるみたいなので、要チェックです。

十四代が、金曜限定で1杯900円


 そして、いよいよお目当の日本酒~~~~☆ まず毎週金曜日限定で飲めるという『十四代』(900円、1人1杯まで)を頂きました! 飲んだ瞬間、頭の中にキラキラマークが散乱したかのような幸福感(笑)。

 こーーーんなにおいしい日本酒を飲んだのは生まれて初めてです! コップいっぱいに頂きましたが、たとえ日本酒が苦手な人でも全部飲めるレベルの衝撃。私は周りのスタッフさん達といただきましたが今度は独り占めしてやるぅぅぅ!と思うくらいおいしかったです。

高田秋&鈴傳

十四代とご対面

 ここで毎回恒例となっているお客様へのインタビューへ。4人組の外国の方がとても盛り上がっていたので一緒にチアーズ。年齢当てゲームをして盛り上がりました。私は22歳くらい?と若めに言ってもらえて嬉しかったです(笑)。

 メンバーのなかに近くで働いている方がいるようで、昔からよく『十四代』をお目当てに来ていて、みんなが日本酒好きになったとか。現在、日本に住んでいない方もいて来日されたときは立ち寄るくらいなんですって。ちなみに4人とも他国籍で、日本酒っていろんな国の人に飲んでもらえてるんだなぁと感心しました。

高田秋&鈴傳

みなさんとの出会いにチアーズ

次のページ 
一人で飲んでいる女性を発見

1
2

●スタンディングルーム鈴傳 http://suzuden-sake.com/stand.html





おすすめ記事