エンタメ

アイドルに忍び寄る「危険なパパ活斡旋」の実態を明かします<現役グラドル経営者・手束真知子>

 ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

手束真知子

私の店に送り込まれた?従業員から言われた衝撃的な言葉


「愛人の仕事を紹介してくれている人に(元)SKEと繋がってこいと言われたんです」

 きっかけは私が経営する秋葉原にあるコンセプトカフェ「発掘!グラドル文化祭」に新メンバーが加入したという普通の日常からでした。私のお店の女のコは性格とスタイルの良さが自慢!って自分自身で言っているのですが、その新メンバーもとても可愛くていいコだと思っていたんですよね。

 でも、そのコは、他のメンバーが2~3年在籍するなか、たった1日でお店を辞めちゃって……とても残念だと思っていたらこんな衝撃的なことを言われたんです。

「私、愛人の仕事を紹介してくれている人の命令で(元)SKEと繋がってこいと言われてこのお店に入ったんです。でも実際は愛人の仕事で全然稼げないし逆に上司にお金払っていて。真知子さんを紹介したらよかったのかもしれないけど、もう普通に別のバイトをします」

 まさか、スパイみたいなことが身近で起こるなんて! 誰かに狙われていた恐怖と、他のコとお店を守らなければという使命感とで頭はパニック状態に。

 こうなったらもう、実際に会ってちゃんとお断りをするのが一番早い!っということで、その女の子を送り込ませた「上司」に会うことにしたんです。

富裕層のみ!? パパ活愛人紹介屋さんに実際に会ってみた


 そもそも、私は仕事以外では究極に人見知りだし、プライベートでのコミュニケーション能力も皆無。友達も彼氏もいない、仕事一筋16年の女なんです!

 私と繋がっても何も誰も出ないよ? 記事にはするけどね☆

 だから、記事にすることへの了承を取ってから当日を迎えました。

手束真知子 上下真っ白のスーツに身をまとった体格のいい男性は、見るからに普通とは違うオーラを放っていました。男性はパパ活や愛人サイトを紹介する仲介人の役目をしているそうで、「セレブの富裕層や一流芸能人しか取り扱っていない」と自負。実際にクルーザーやリムジンなどの写真を見せてくれて、自信満々のご様子で洗脳するように話は続いていきます。

「アナタだったら半年で5000万円稼げる」
「アイドルやっているだけでもプラスなのに、さらに経営者だったらもっとオジサマたちからお金を取れる」
「お店を増やすこともできるし、雑居ビルの4階じゃなく中央通り沿いの1階に出すこともできる」
「誰かにお店を任せて、あなたはオジサマの相手をするだけで5000万入る」
「30%手数料でもらうけどあとは全部アナタのもの」

……など。

 パパ活や愛人を悪く言うつもりもまったくないけれど、もちろん私は興味がないしお断りをするために会っているので何にも響きません。32歳だからもういろんな世界を知ってしまっているし、世の中がそんなに簡単にできていないことも知っている。だから雑居ビルの4階で地道にやっているんですよ。そこが人生の楽しいところ! 簡単にラクできたらつまんないじゃないですか‼

 でもまぁ、ピュアな女のコなら信じてしまうのかなぁ……。

次のページ 
登録料として半年ごとに…

1
2





おすすめ記事