お金

PayPayよりトクかも! Amazon購入額の最大34%還元も…ポイント戦争がすごい

 何かと物入りな年末だが、キャッシュバックやポイント還元率アップなどキャンペーンも盛んな時期。ひとつひとつの額は小さくても、すべて試せば大きく稼げるポイント錬金術を一挙紹介する!

PayPayだけじゃない! 年末年始はモバイル決済で稼ぐ

paypay

イラスト/サダ

 12月4日から開始された、モバイル決済アプリ・PayPayによる大規模キャンペーン。しかし、100億円のキャンペーン原資があっという間に底をついて12月13日で終了し、0.5%の通常還元に戻ってしまった。もうこんなにお得なキャンペーンはないのだろうか? 「PayPayは、ヤフーとソフトバンクの顧客囲い込み作戦でしたが、それに対抗したドコモが提供するモバイル決済サービス・d払いは、’19年1月6日までの期間限定で最大還元率が34%(アマゾンのみ、12月21日まで)にアップする大規模キャンペーンを展開しています。顧客獲得競争が激化する、新サービスの普及期は各社がキャンペーンに大金を投入するので、ポイントタダ取りのチャンスです。モバイル決済サービスは今後しばらくキャンペーンが続くでしょう」とはポイント交換案内サイト・ポイ探を運営する菊地崇仁氏。  モバイル決済サービスで利用者数1位を誇る楽天ペイは、12月21日からの5日間、ピザーラでの利用で50%のポイントバック、ワタミグループでの利用で30%のポイントバックキャンペーンを実施するほか、渋谷区、港区、福岡市、神戸市などの対象店舗10%ポイントバックキャンペーンを展開。うまく利用すればPayPayを上回る還元率だ。 「楽天は、この2~3年の業績悪化に伴い、顧客囲い込みのためにポイントを乱発しています。楽天カードを利用して楽天で買い物をすればポイント還元率が10%になるお買い物マラソンや、5か0がつく日に買い物をすればポイント還元率が5%になるキャンペーンを続けています。ポイント乱発が続いている間は、楽天カード、楽天ペイを利用してポイントを楽天に集約するのは賢い方法だと思いますよ」  PayPayの100億円キャンペーン終了を嘆くのではなく、対抗馬のモバイル決済システムのキャンペーンもチェックして、うまく使い分けてポイントを稼ぐのが賢い方法なのだ。
次のページ 
お得なモバイル決済アプリまとめ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事