スポーツ

カレン・ロバート日本復帰。事実上“引退”からカムバックしたイングランド7部リーグ生活を語る

’18年からイングランド7部のレザーヘッドFCでプレーしていたカレン・ロバートが、今年春から日本復帰することが決まった。自身がオーナーを務める千葉県社会人1部のローヴァーズ木更津FCでオーナー兼選手としてプレーすることになるという。週刊SPA!では、昨年12月11日号にて、レザーヘッドでプレー中だったカレン・ロバートに直撃していた。今回はその時のインタビュー記事を特別公開する。

カレン・ロバート

カレン・ロバート氏

1年8か月のブランク……。事実上の“引退”からカムバック


 ジュビロ磐田時代の’05年にJリーグ新人王に輝き、’11年からの約2年半はオランダ1部のVVVフェンロでもプレーしたカレン・ロバート。高校時代には市立船橋で全国高校サッカー選手権優勝を経験するなど、花形選手でもあった。

 そんなカレンは’12-’13シーズンいっぱいでVVVを退団すると、その後はタイのスパンブリー、韓国のソウルイーランド、インドのノースイースト・ユナイテッドを経て、今季からイングランド7部のレザーヘッドでプレーしている。


 インドから帰国したのが’16年12月で、イングランド7部が開幕したのが’18年8月11日だから、約1年8か月のブランクがあったことになる。英プレミアリーグといえば、日本代表の吉田麻也(サウサンプトン)や岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(ニューカッスル)らがプレーしているほか、ワールドクラスの選手が集う世界最高峰のリーグとして知られるが、いったいイングランド7部とはどんなリーグなのか。

 カレンは、レザーヘッドに来るまでの経緯について、こう話す。

「インドから帰ってきたあと、当時の代理人は東南アジアのクラブからオファーが来ていると言っていたのですが、3か月、4か月と待っても一向に契約に至らず。おかしいなと思っていたら、夏にはインドの新しいチームに正式決定したというので喜んでいたら、その書類が偽物でまんまと騙されていたんです(苦笑)。そんなこともあって、もともとイングランドでプレーしたいという希望もあったため、その後は別の代理人に相談し、下部リーグなら可能性があるということで、昨冬にいくつかのクラブのトライアルに参加しました。ただ、登録期限の問題もあったりして結局その冬の移籍は叶わず。最終的に今夏トライアルに合格した7部のレザーヘッドでプレーすることになったんです」

 そんなトラブルがあったとは。だが、北アイルランド人の父を持つカレンにとっては、ある意味、念願叶ってサッカーの母国イングランドに辿り着いたともいえる。

次のページ 
どんな環境で、どんな選手たちがプレーしているのか

1
2
3





おすすめ記事