スポーツ

日本に本格的プロeスポーツチーム誕生「世界に取り残されるわけにはいかない」

変化がなければ日本のeスポーツに進歩なし

――eスポーツの世界において、日本の人気ゲームタイトルの存在感はどうでしょう? 「ゼロですね。日本でサッカーゲームの大会を開こうとしたら、コナミさんもいますし、どの大会も『ウイニングイレブン』寄りになってしまいます。ですが実際に世界で認識されている大きな大会はEA(アメリカの大手ゲーム会社)が運営しているので、『ウイニングイレブン』が選ばれることはありません。eスポーツにおいて、日本だけは鎖国状態が続いている。実際、『EVO』という格ゲーに特化した世界的な大会もあり、そこでは日本の人気タイトルが横並びなんですが、そうした複数タイトルが絡むと日本発では実現が難しい。そんなこともあって、『EVO』の運営はアメリカの会社がやっています」 ――日本だけがガラパゴス化しているんですね。 「日本にも過去には『闘劇』という大会がありましたが、それがなくなると『EVO』が目立つようになった。そうした国際的な動きが日本は下手なので、いくら国内でいいものをやっても、海外からのリアクションを得られないのが残念です。日本でも『EVO』と肩を並べられるくらいのイベントを発信できるはずだったのですが」 ――日本はどう変わっていったらいいのでしょうか。 「やはり日本の場合、eスポーツは『ファミコンだけではない』という認識を深めていかないと難しいでしょうね。国産の家庭用ゲームやスマホで競うゲーム大会は、『ジャパニーズeスポーツ』という小さな業界だと気付くこと。そこを勘違いすると、世界標準でのeスポーツというくくりからは完全に外れたものになってしまいます。国内の話題だけに目を向けていると、eスポーツの本当の姿は見えてはこない。eスポーツという分野において、日本が世界に取り残されるわけにはいかない、という思いがあります」 ――最後に日本のeスポーツを目指す人たちに一言お願いします。 「僕は今、日本のプレイヤーに夢を見させたいと思っています。ただし、『稼げますよ』ではなく、どちらかというと『お金は一緒に稼ぎましょう』というのが、プロチームとして真摯な姿勢だと考えています。才能ある若者であれば、高額賞金の大会で勝つための環境を提供して、万全のサポートで伸ばしていく。現実として大金を稼ぐのは、いずれも天賦の才に加えて、プレイヤーとして練習環境に恵まれている選手たちです。そうした世界で通用するプレイヤーを、日本から輩出していくつもりです。応援、よろしくお願いします」 参考データ「Team MVP」 世界生涯獲得賞金チームランキング16位アジア4位 賞金額: $6,000,000(2018年11月現在) 「Team MVP Japan」代表・竹田恒昭氏【竹田恒昭】 2005年に日本初のプロeスポーツチーム「4dN.PSYMIN」を創立。2007年に現「日本eスポーツ連合」の前身となる「日本eスポーツ協会設立準備委員会(JeSPA)の立ち上げにも関わったeスポーツ界の第一人者。この度、韓国の名門チーム「MVP」の共同経営権を取得すると共に、「Team MVP Japan」を設立した。buddha@teammvp.gg SNS@buddhajpn(Instagram/Twitter)
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事