エンタメ

西野未姫は炎上上等!? 世間を賑わす意外な素顔とは

 かつてAKB48のエース候補といわれた西野未姫(20歳)。卒業後はバラエティ界に進出、過酷なロケも全力すぎるリアクションで乗り切り、人気急上昇中。ストレートな物言いで炎上キャラとしても世間を賑わす彼女の素顔とは……?
西野未姫

実は相撲ファンの彼女。ファンサービスで思うことがあるとか。「力士と写真撮るために出待ちして、冷たくされると傷つく……。昔、ファンの人に同じようにしてたと思うと申し訳なくなりますね」

自分の言動でウケる快感を覚えてしまった

 バラエティ番組『陸海空こんなところでヤバいバル』で美女10人が10日間、極限サバイバル生活で10㎏太れるのか?という企画に参加。悪口を連呼するヒールキャラで炎上を繰り返し、注目を集めたのが西野未姫だ。賞味期限が10年切れたパスタを食べるなど精神的にも追い込まれた企画をどのように思っているのか。 「人生で一番炎上しましたね。これまでもよく叩かれたのでメンタルは鍛えられたつもりだったんですが、一瞬やられました。芸能界追放される? 放送して平気?って思った瞬間もあって。ただ、もう立ち直りましたけど(笑)」  おかげで一躍注目を集めた彼女だが、実は元AKB48で、全力パフォーマンスが売りのエース候補だったのだ。 「AKBに入った頃は、ダンスを全力で頑張って、いつかセンターになりたいと思っていたんです。でもバラエティ番組で、自分の言動でウケる快感を覚えてしまって、今はファンに好かれることより、全力でウケを優先するようになっちゃいました」  別番組のダイエット企画では約10㎏絞って、即リバウンド。そんな彼女にも理想の姿があるんだとか。 「私、TWICEのツイが大好きで、彼女みたいになりたいんですよ。3年かけてツイになるために、1年で痩せて、2年でお金を貯めてツイに寄せた整形をして、3年間で仕上げる改造計画を立てています」  見た目磨きにもある意味全力? さらなる変化を遂げれば、次世代バラエティクイーンの座も夢じゃない! 【西野未姫】 ’99年、静岡県生まれ。’12年にAKB48の14期生としてデビュー。センターを務めたこともある同期のメンバーと並び“三銃士”と呼ばれ将来を嘱望された。大きすぎるリアクションにより、徐々に正統派アイドルから外れ、バラエティ担当へ。現在は、自身の恋愛事情も暴露するなど、体を張って次世代バラエティクイーンを目指す <撮影/福本邦洋 取材・文/森ユースケ ヘアメイク/関谷佳代子 スタイリング/柏木作夢> ※週刊SPA!6月18日発売号「今週の顔」より
週刊SPA!6/25号(6/18発売)

表紙の人/ 岡田准一

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事