エンタメ

異次元の辛さで話題になったSPA!×築地銀だこ「激辛たこ焼」が復活。幻の一品がSPA!フェス31で食べられる!

 6月で31周年を迎える週刊SPA!では昨年も大盛況のうちに幕を閉じた「SPA!フェス」を今年も開催。 6月28日(金)~30日(日)の3DAYSで5公演、SPA!ゆかりのメンバーが集結し、様々なパフォーマンスが披露される。  イベントの開催を記念して昨年、創刊30周年記念のスペシャル企画として「築地銀だこ」と共同開発したオリジナルたこ焼の復活が決定! 会場限定で販売されることになった。編集部員が何種類ものメニュー候補を試食をして、ブラッシュアップを重ねて正式採用となった「3重の激辛スパイス!?[SPA!30周年]焼」はカイエンペッパーを大量に使った麻婆タレに、花山椒や食べるラー油まで合わせた、「(辛いものがダメな人は)食べるな危険!」な激辛のたこ焼だ。

復活販売される激辛たこ焼は麻婆だれにネギと塩チーズ豆腐を合わせ、仕上げに食べるラー油でさらに辛さを加える衝撃的な味。3個430円(税別)

 昨年、「築地銀だこ」の一部店舗にて期間限定で販売され、たこ焼ファンのみならず、多くの辛い物好きを虜にした一品。店舗限定の販売だったため、「挑戦したいのに食べられなかった!」との声もあり、今回の復活が実現した。  気になる味はまず口に入れた瞬間、「辛っっっっ!」と叫んでしまうレベルの辛さ。最初のインパクトもすごいが、食べた後も口の中はずっとヒリヒリ。「試食で編集部員が辛さで悶絶した」「汗が止まらなくなった人がいた」という強烈なエピソードを残すほど衝撃的な味にのけぞる。

麻婆だれにはカイエンペッパーを大量投入。これだけで十分に激辛だが、さらに「食べるラー油」「花山椒」を投入。複雑にして痺れるほどの辛さながらやみつきになると評判に

 だが、ただ辛いだけではないのが、このたこ焼の魅力。まず、外はパリッ、中はトロッと焼き上げた銀だこのたこ焼はそれだけで絶品。そしてこのメニューでは、塩チーズ豆腐がコク深さとまろやかさをプラスしている。トロッとした後にジワッとうまみが広まり、さらに驚くほどの辛さが追い打ちをかける。そんな味の多重奏が楽しめるメニューなのだ! 「むちゃくちゃ辛いけどついつい手が伸びてしまう……」  そんな禁断の味が楽しめるたこ焼をフェス飯気分でぜひ味わってみてほしい。 ※たこ焼は売切れ次第終了となります ’19.6/28fri. 29sat. 30sun 時事通信ホール 東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル2F 【チケット価格】31周年にちなんで各3100円(当日券) ★前売り券なら2500円! 公演の詳細はコチラから https://nikkan-spa.jp/1573621 チケットの購入はコチラから PassMarket(https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01c5uj109efva.html) ※購入に際しては、ページ下の≪注意事項≫必ずご確認ください ※前売りの販売期間は公演前日の21:00まで
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事