恋愛・結婚

20歳年下の恋人から一方的にフラれるが…彼女の母親から届いた意外なモノとは

 大好きな恋人との別れは、いくつになっても辛いものである。
失恋

写真はイメージです(以下同じ)

 広告代理店の営業マン・榊原国生さん(仮名・45歳)は、半同棲していた彼女と破局し意気消沈していた最中、予想もしなかった出来事が起きたという。

20歳の女子大生と付き合った40男

「40歳の時に、20歳年下の女子大生と付き合ったんです。それはもう、当時は有頂天でしたよ」  榊原さんの会社が某イベントにブース出展した際、コンパニオンとして派遣されたのが美香さん(仮名・20歳)だった。 コンパニオン 「美香は長澤まさみ似の端正な顔立ちで、スタイル抜群。会社の男たちはみんな美香に見とれていました。イベントの最終日に、帰宅方向が一緒だったことから、いろいろ話をして。音楽や映画だけでなく、ダイビングなどの趣味が一緒だったことから、デートに誘いだすことに成功したんです」  当時バツイチになったばかりの榊原さんは、独身に戻った開放感でいっぱいだったため、ぐいぐいと美香さんにアタック。代理店の営業マンという時間に融通の利く立場を利用して、平日に2人でグアムやサイパンに旅行し、ダイビングを楽しんだ。さらに冬は長野や北海道にスキー旅行、また会社のコネを使ってチケットをゲットし、一緒に有名アーティストのコンサートにも出かけた。 「こうして美香と付き合うことになり、半同棲状態の仲に。ところが3年後、彼女が大学を卒業し、有名な企業に就職したんです。社会人としていろんな世界に触れたりしているうちに、たくさんの男たちから誘われるようになって」  美香さんはそのたびに、榊原さんに報告したという。 「男のプライドが邪魔をして『オレ以外の男に会うな!』とは言えませんでした。でも、他の男とデートしている美香のことがやっぱり気になる。イライラしたり嫉妬したり、心が張り裂けそうでしたよ」  榊原さんが束縛しないこともあってなのか、美香さんが3日連続で3人の男とデートしたことが発覚。これに、とうとう嫉妬が限界に達した。 「何日も迷いましたが『いい加減にしてくれ!』と美香にLINEを送ることにしました。すると彼女から先に『彼氏ができたの。これまでありがとう。バイバイ』とLINEが来たんです」  このあっけらかんとした別れの言葉に、榊原さんは頭が真っ白になったという。
次のページ 
元カノの母親から小切手が届く
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事