恋愛・結婚

婚活が長引く男性の共通点。急に焦り出した40男はなぜ迷走するのか?

 こんにちは。恋愛コンサルタントの山本早織です。今回は婚活をしている男女の本音から、婚活を長引かせてしまう「婚活男性の落とし穴」をお伝えしたいと思います。

「婚活は短く! 結婚生活を長く!」を実現してもらうために、これから婚活を始める方はぜひとも生かしていただき、現在婚活中の方は長引く活動にピリオドを打ってもらいたいと思っています。

山本早織

アラフォーになって焦って婚活を始める男性


 30代後半から40代前半男性は、結婚相談所での活動が一番多い年齢です。男性がいよいよ結婚をしようと思う理由の1つ目は「子供がほしい」。周りに子供が増え、既婚者が増えてきたと感じるのは女性よりも男性の方が少し遅めです。

 また、男性は「永遠の中二病」だと、私は会員女性に言っていますが、常に少年の心を持ち続けています。40代を過ぎても、「できれば28歳と結婚したい」とどこかで思っている男性は多く、年齢を重ねている感覚が乏しい方が少なくありません。

 しかし、ここに大きな落とし穴が……。結婚相談所での活動は、多くの場合、検索システムを利用してお相手を探せるようになっています。

 私の運営している結婚相談所「Fateverita(ファテベリータ)」では、全国のさまざまな結婚相談所に所属している会員が登録しているシステムを弊社会員さんの活動の場所として利用してもらい、私のご紹介も合わせて受けていただいています。

 自分で検索をするシステムでは、年齢や条件なども自分自身で設定するため、多くの場合、男性は「まあダメモトで、20代や30代前半も検索してみようかな」なんて検索をしています。

 検索状況やお気に入りの状況、お見合い申し込み状況はすべてこちらでチェックできるため、私は会員さんの活動を「ちょっと脱線気味だなぁ」「堅実に進んでいるなぁ」などと確認しつつ、アドバイスをしています。

「年齢」を第一条件にすると婚活は迷走


 お見合いのお申し込みをしてみたり、お気に入りに入れてみたりする中で、40代男性が30代前半女性とのお見合いが成立し、お食事に行くまで発展すると、男性のほうは「俺、10個下でもいけるじゃん!」と、誤った自信を得てしまいます。

女性 もちろん年の差があっても本当にご縁があり、価値観も似ていて、結婚まで進む方ももちろんいますが、「30代前半女性」というブランドに目がくらみ、価値観が違うところや、「合わないかも」と感じるところも見て見ぬ振りをしてしまうようになると、もうすでに大きな落とし穴にはまっている状態です。

 40代男性から見る「30代前半女性」はとても魅力的でブランド力がありますが、30代前半女性から見たらどうでしょうか?

 10歳年上というのは、どんなに若々しく見えても価値観が違い、大人の魅力を感じないようなら旦那様ではなく「ただのおじさん」。30代前半の女性との結婚を目指すのであれば、見た目ももちろん若々しく清潔感を保つことはもちろん、近い年齢の女性からも支持を得る魅力高い男性になることが不可欠です。

次のページ 
「女性慣れ」は婚活に必要不可欠

1
2





おすすめ記事