エンタメ

『モトカレマニア』で話題、ガンバレルーヤ・よしこの軌跡を振り返る。昔はギャルだった!?

 10月17日よりフジテレビ系で放送されている連続ドラマ『モトカレマニア』のなかで、主人公の親友であるネイリストを演じ、視聴者から高い評価を得ているのが、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこだ。  普段はバラエティ番組を主戦場に大活躍しているよしこだが、ドラマにおいては、いつもとは違うナチュラルなメイクで自然な演技を披露。これには、SNSを中心に驚きの声が多数挙がっている。  なかには、よしこの持ちネタである女優・小雪の顔真似を指して「本当に似ている」といった書き込みも。他にも「クソが!」というキレ芸などで、その人気を確かなものとしつつある彼女だが、これから先、女優としてのさらなる飛躍を遂げる可能性もありそうだ。  そこで今回は、ますます注目度が高まっているガンバレルーヤ・よしこについて、あらためて彼女のヒストリーを見ていきたい。

ギャル時代:ギャルサーに所属していた!?

 現在では、黒髪のロングヘアーがトレードマークとなっているよしこ。だが、『徹子の部屋』(テレビ朝日)で彼女自身が語ったところによれば、高校生時代には、茶髪のショートヘアーにしていたこともあり、当時はギャルサーに所属するギャルだったそうだ。  芸人になった当初も「ギャル漫才師」を目指して、付けまつ毛やカラーコンタクトなどを使用し、派手な衣装を身にまとっていたというよしこ。だが、付けまつ毛や染髪の費用がかさむという経済的な理由から、今のビジュアルスタイルに落ち着いたのだそうだ。

コンビ結成:きんぴらごぼうが結んだ縁

 よしこを語る上で欠かせないのは相方まひるとのエピソード。芸人を志し、吉本興業の芸人養成所・NSCに入ったよしことまひるの劇的な出会いのエピソードは有名だ。  ある時、便秘からくる腹痛で、自身の住むマンションのエレベーターでうずくまっていたまひる。すると、偶然通りかかったよしこが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたそうだ。  そこでまひるは事情を話したものの、よしこは部屋番号だけを聞いて、その場を立ち去ってしまったそう。呆然としながら部屋に戻り、体を休めていたまひるの元に、料理で使うボウルを手に持ったよしこが訪れた。  その中に入っていたのは、なんとボウル一杯のきんぴらごぼう。食べるとお通じが良くなるということで、よしこが持参してきたのだ。結果的に、きんぴらごぼうを食べたことで、まひるの便秘は解消されたのだとか。  こうして素性もロクに知らずに出会った2人だが、後に、両者ともNSCへ入所する仲間であることが判明。このことで一気に近しい関係となり、コンビ結成へとつながっていったそうだ。
次のページ 
相方と年に一度は殴り合い
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事