恋愛・結婚

モテコンサル勝倉に聞くモテる40男の「ルックス3か条」

 40代中年男性でも、まだモテを捨て去るには早すぎるのではないか。とはいえ、おじさんがモテるには高度なテクニックが求められるのも事実。そこで、元銀行員ならではの分析力で話題を集め、「黒ギャル銀行員」の名で恋愛情報を発信、現在はモテコンサルとして活躍する勝倉氏に“モテおじ”の秘訣を聞いた。

真の清潔感を得て女性の生殖ゾーンにすべり込むべし!

モテおじコンサル塾 モテるおじさんになるためには、身だしなみを気をつけたい。 「女性は無意識に男性をオスとして判別しています。でっぷりした中年体形や、小柄な童顔男性のウケが悪いのは、本能的な“生殖ゾーン”から外れてしまっているから。抱かれる可能性を想像したとき、少なくとも許容範囲内に入るルックスにとどめておかなければ、相手にはされないでしょう」(モテコンサル勝倉氏、以下同)  では、具体的に許容範囲内に入るためには何に気をつけるべきか。 「顔立ちは生まれついてのものがあるので仕方ないですが、太っていたり、ハゲ散らかしているような変数として調整可能な部分は、対策をとるべきです」  特に見落としがちなのが、毛の処理だとモテコンサル勝倉氏。 「鏡をこまめに見れば気づくことだと思うのですが、鼻毛や眉毛が伸びっぱなしといった“毛のケアレスミス”が少なくありません。さらに、黒いシャツがフケで真っ白になっている人も。見た目の印象はどうしても若い男性には敵わないので、いかに清潔感を足していけるかが、おじさんの課題です」  どんなモテ指南書にも書かれていそうな“清潔感”だが、単なる“清潔”とは意味合いが違うとか。 「お風呂に入ったり歯を磨くといった清潔さは大前提ですよね。女性が重視する“清潔感”は、男性が見落としがちな細部に宿ります。メガネの汚れや、伸びた爪、ヤニで黄色い歯などは嫌われポイントです。細かな身だしなみが行き届いている人は、他人に対する気遣いもちゃんとできるんですよ」  ファッションにおいても清潔感は重要なポイント。 「雑誌『LEON』のようなちょいワルファッションは、お金がかかるうえに難易度が高く、かといって授業参観のお父さんのようなポロシャツでは色気がありません。でも、難しく考える必要はないんです。たとえばシンプルなシャツにデニムを合わせるのでも、サイズ感に気をつけて着るだけで好印象を与えることができます」  ちなみに、おじさんが着けがちな磁気ブレスレットや数珠は断トツ不人気なので要注意だ。 ▼モテるルックス3か条 ・ハゲやデブなどの変数は調整せよ ・清潔感は眼鏡や爪など細部に宿る ・洋服のサイズ感を意識すべし
モテコンサル勝倉氏

モテコンサル勝倉氏

【モテコンサル勝倉氏】 「黒ギャル銀行員」の名でTwitterに降臨し、恋愛情報を発信。バンカーならではの分析力を武器に250人超の男性のコンサルを行い、’19年にモテコンサルとして独立 <取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/加藤岳>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事