エンタメ

この美女は何者?グラビア2度目とは思えない「ろるらり」とは

―[旬撮ガール2020]―
 令和となって初めて迎える新しい年に、新時代のヒロインたちが躍動する。ネクストブレイク濃厚な美女を厳選してお届けする「旬撮ガール」。トップクリエイターが密かに注目する、むき出しのダイヤの原石たち。そのまばゆい輝きは、いつも瑞々しく、時代を照らしていく。
新春 旬撮ガール

ろるらり

ろるらり(23歳)【推薦人】大森靖子

「ミスiD2018」でグランプリに輝き、イラストレーターとして活動する、ろるらり。8人兄弟唯一の女のコとして育つなど特殊なバックボーンを持つ彼女を愛してやまないのが、“超歌手”の大森靖子氏だ。 「本当は賢いのに、本当は波瀾万丈なのに、本当は本当は本当は……。そんなギャップがセクシーとされる浅はかさを、誌面ではひたすら排除し、目に見える色、形、眼差しから、私たちはすべてを想像する。佇まいの今っぽさと変わらなさ。母性ではない優しさと、幼女ではないあどけなさ。真逆の極論で真実を板挟みにし、キャッチーな微笑みでポーズを構える。実に、ろるらりという女性は、語るべきことの多い人間なんです」  ミステリアスな瞳を覗き込めば、出口のない迷宮へと誘われる。 「彼女の強さは決して暴力ではなく、安っぽい正義でもなく、すべての可能性をその目が先読みしているところにある。魅力のベクトルをどこかに振ろうとすればするほど、『それはちょっと……』と、また独特の舞で回避してしまう」  ろるらりとは一体何者なのか? 正体を探ろうとすればするほど、予想もしない別の顔にドキッとさせられる。まだ2度目のグラビア出演、その魅力は底知れない。 新春 旬撮ガール【推薦人:大森靖子氏】 超歌手。ライブ、プロデュース、執筆など、多方面にわたり常に一対一の愛の才能を発揮中。ミスiD選考委員。プロデュース兼メンバーとしてガールズユニット「ZOC」始動 【ろるらり】 ’96年、岩手県出身。美大在学中に「ミスiD2018」グランプリ受賞。若手イラストレーターとしても注目を集めている。好きなものは年季の入った着ぐるみ、廃遊園地、純喫茶などで、自身の作風にも取り入れている 撮影/ティム・ギャロ スタイリング/富田育子 ヘアメイク/清水智也 衣装協力/abilletage
―[旬撮ガール2020]―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事