仕事

沢尻エリカの“美人すぎる”法廷画を描いた本人を直撃「意識して観察するのは…」

 裁判報道で傍聴席から被告人の様子を描く法廷画。公判中に法廷内の撮影は禁じられているため、被告の様子を知ることができる数少ない手段だ。近ごろ、その存在感が増している。先日、麻薬取締法違反罪で有罪判決を受けた女優の沢尻エリカさんの法廷画が、あまりにも美人すぎると話題になった。
法廷画

ネット上で「美人すぎる」と話題になった沢尻エリカさんの法廷画(イラスト/榎本よしたか)

 ネット上では、作品を比較するまとめサイトができるほどの注目ぶり。画家たちは、一体どんな点に気をつけて描いているのか。フリーランスで活躍する現役2人に聞いた。

榎本よしたかさん:専属画家廃業で仕事を依頼され…

榎本よしたか

法廷画家・イラストレーターの榎本よしたかさん

 榎本よしたかさんは、和歌山県の元市長による汚職事件を皮切りに法廷画の世界に飛び込み、今年で17年目を迎える。これまでに女優の沢尻エリカさんをはじめ、ライブドア元代表取締役CEOの堀江貴文さん、レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告人などを描いた。
籠池泰典被告人(中央)(イラスト/榎本よしたか)

籠池泰典被告人(中央)(イラスト/榎本よしたか)

堀江貴文さん(右から2人目)(イラスト/榎本よしたか)

堀江貴文さん(右から2人目)(イラスト/榎本よしたか)

カルロス・ゴーン被告人(中央)(イラスト/榎本よしたか)

カルロス・ゴーン被告人(中央)(イラスト/榎本よしたか)

 書籍や報道番組のイラストを普段担当する傍ら、テレビ局から依頼を受け月2、3回の頻度で法廷画も請け負う。
これまで傍聴した裁判の「傍聴券」

これまで傍聴した裁判の「傍聴券」

 きっかけは、専属法廷画家の廃業で代役を探していた和歌山県のテレビ局からの連絡だった。依頼者らの似顔絵を描くと、デッサン力を買われ採用。初めて座った傍聴席で一心不乱に描いた作品が、地元局の夕方のニュース番組で取り上げられた。「ちゃんと使われてるのを観て、嬉しかったですねぇ~」と感慨深そうに振り返る。

意識して観察するのは「目」

法廷画 鉛筆で下絵を描き、公判終了後に作品をスキャンする。パソコンを使って色を塗り、データとして納品する。榎本さんは、関東近郊だけではなく、依頼次第では沖縄や神戸といった裁判所へ出張することも少なくない。 「コンビニがあればどこでもスキャンできるので、仕事はやりやすくなってます」 法廷画 被告人の挙動、公判中の様子や空気感、検察官や弁護士の表情など五感をフル活用する。忠実に描くための情報を手に入れるためだ。特に意識して観察するのは、「目」だ。  女優の沢尻エリカさんの初公判では「発せられる言葉や法廷での態度、真っ直ぐな眼差しを見ると、罪を反省し償おうとする気持ちが伝わってきた」と感じた。
沢尻エリカ

真っ直ぐな眼差しが印象的だったという沢尻エリカさん(イラスト/榎本よしたか)

 ありのままを伝えることを心掛け「(法廷画は)あくまでも報道の一助。余計な付け足しは誤解を生む」と描く上での注意点を語る。公正中立な報道と司法への関心を広げる上で、法廷画家の存在は大事だと考えている。
次のページ
榎本さんに触発され法廷画家の道へ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事