ライフ

グラドルの家賃2万円風呂なしアパート時代「財布に500円すらない…」

 先日、グラドル引退を表明し、北海道に移住することを決意した石川蓮美さん(32歳)。そもそも彼女が芸能界を目指した理由のひとつに、「幼い頃から貧乏でずっといじめられていた。芸能人になって成功して稼ぎ、見返してやりたかった」ことがある。 【前回記事】⇒グラドル引退、その前にひと言「枕を断っても仕事は干されない」
石川蓮美

幼い頃に「貧乏が原因でいじめられていた」と話す石川蓮美さん(32歳)

 幼少期に母親が蒸発、中学生の頃まで父子家庭で育った。その後は再び母親と暮らし始めたが、その生活は凄惨なものだった。

借金を抱えた母子家庭、貧乏が原因でいじめのターゲットに

 両親と妹の4人家族。しかし彼女が小学2年生の時に母親が姿をくらませる。 「当時は“蒸発”という単語も意味も知らなかったけど、『あれ、しばらくお母さんが帰ってこないな』って。気づいたら離婚して父子家庭になっていました。母は、私と妹に絵本を置いていきました。『お母さんはサンタさんだから、夜は他の子どもたちにプレゼントをくばらないといけないからいなくなるんだよ』という言葉を最後に……。今思えば、私たちを寝かしつけてから別居先のアパートに帰っていたんですね。  こうして突然、私と妹、お父さんの3人暮らしになった感じだけど、思春期を迎えて、お父さんにはなかなか言えない悩みもでてきて。お母さんに相談したくて、届いた手紙の住所を頼りに探しに行きました」  そして、母と再会した蓮美さんは親権者変更調停の末、15歳の時に再び母のもとで生活することになった。念願だった母との暮らしだが、それは波乱の幕開けに過ぎなかったのである。 「私1人が勝手に家出したので、養育費などは家庭裁判所でナシという結果でした。また、今と違って私が中学の頃って、まだ“母子家庭”が珍しかったというか……。それだけでいじめの対象になった。母と暮らせてうれしい反面、ツラかったですね」  ちなみに、筆者も蓮美さんと同年代で母子家庭で育ったが、「お父さんがいなくて可哀相」「人よりハンデがある」などという言葉を浴びせられることも多かった。親戚の家を借りていたが、ボロボロの平屋だったので友人を招いたことは1度もない。  蓮美さんは「母子家庭&貧乏が原因で、ドラマや漫画でよくあるいじめなんてほとんど経験済みですよ」と当時の出来事を笑い飛ばすが……。 「無視とか悪口は当たり前。トイレに入ってる時にドアの上から水をかけられたこともあったし、私が触った机や教科書を除菌シートでふかれたりしました。貧乏菌、まるでばい菌扱いされていましたね」  蓮美さんはスタイルが良く、ブスではないことは明白だが、何度も「ブス!」と言われていたそうだ。 「同級生にちょっと目立つ感じの女のコがいたんですが、その子もアイドルを目指していたんです。『私はアイドルになれるけど、あんたは母子家庭で貧乏だから絶対にアイドルにはなれないよ』って。今振り返ってみると、このセリフが『じゃあアイドルになってみせるよ!』って思うキッカケだったのかもしれないです」
次のページ
家賃2万円の風呂無しアパート、財布に500円すらない生活
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事