ライフ

おしゃれなデブはなぜアロハシャツを選ぶのか?

 こんにちは、デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。 「Mr.babe」では毎年、夏になると、大きな体型の魅力を最大限、発揮できるアロハスタイルを特集しています。「なぜアロハがぽっちゃり体型にマッチするのか?」の前にアロハについて、その特徴と歴史を簡単に説明したいと思います。

アロハシャツのルーツは意外にも…

 トロピカルなモチーフをプリントした生地を用いて作られるハワイアンシャツ。「愛情」「好意」「慈悲」を意味する“Aloha”というハワイ語が名付けられ、ハワイに住む人のみならず全世界で愛されるようになりました。  その起源については諸説あるものの、19世紀にハワイへ移住した日本人が着物を利用して作った開襟シャツを起源とする説が最も有力で、どことなくオリエンタルな風合いが楽しめるのがアロハシャツの魅力なのです。  1930年代には中国系商社が「アロハシャツ」の商標登録を申請。「アロハシャツ」という名前が自由に使うことができなくなるという事件も起こりましたが、独占利用が可能な20年はすでに過ぎているので、現在は大手を振って「アロハシャツ」という名称を使うことができるようになっています。

アロハとぽっちゃりが好相性なワケ

 日本人がルーツになっている可能性が高い「アロハシャツ」。それでは、なぜぽっちゃりとアロハの相性がいいのか。19世紀にハワイに移住した日本人にデブの方が多かったかはわからないですが、少なくとも近年では「ハワイアンBIG BOY=アロハ」というイメージが強いはずです。ぽっちゃり体型とトロピカリーなかわいさとが相まって、存在感をアップさせてくれる演出効果があるからだと私は思います。  また、もうひとつ、これまたぽっちゃり体型のポテンシャルを上げてくれる「ハーフパンツ」との相性がよさも見逃せません。もちろん普通体型の方の「アロハ×ハーフパンツ」も悪くありませんが、ぽっちゃりボディが着ることで、なんともいえない「優しさ」「癒やし」「かわいさ」という女性が大好きな3要素を演出できる究極の「マジックアイテム」なのです。  もちろんぽっちゃり諸氏にとってもその機能面は魅力的。通気性がよく、動きやすいのでこんな都合のいい組み合わせはなかなかないのではないでしょうか。ただ、そんなアロハシャツもコーディネートを間違えると「ただ派手なだけのオッサン」になりかねないので気をつけてください。  余談ですが、ハワイではアロハシャツを正装として着用する際は「長ズボン+ベルト着用+革靴を履く」というマナーがあるとのこと。そのため、「アロハシャツは自由に着てOKでしょ?」とショーツ&サンダルを組み合わせてドヤ顔をしていると、世間知らずとして映るばかりでなく、場をシラケさせるダメ男として挽回不可能な悪評を晒してしまうことになるそうです。  さすがに日本では正装としてアロハ着用は厳しいですが、クールビズを取り入れている会社などは「アロハでもOK」のところもあるようです。その場合には、ペイズリー柄か、もしくは落ち着いた色味を選び、シックに着こなすことをおすすめします。
次のページ
アロハを街で着るときの注意点は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事