恋愛・結婚

DV男の恐怖。殴った後に泣いて謝るまでがワンセット…の繰り返し

 世の中でDVが取り沙汰される機会が増えたように思う。  実際に内閣府男女共同参画局が行った『男女間における暴力の調査』(平成29年)内の「交際相手からの暴力の被害経験」の項によれば、交際相手から身体的暴行、心理的攻撃、経済的圧迫、性的強要のいずれかの被害を受けた経験のある女性は21.4%にのぼるという。  これは決して他人事ではないのだ。何を隠そう、グラドル兼ライターの筆者もDV男と付き合っていた過去がある。プロレス技の掛け合いをするなんてのは可愛いもので、顔面を窓のサッシにぶつけられたり、グラスを投げられたりもした。
dv

※画像はイメージです(以下同)

 その原因は、相手のプライドを筆者が傷つけていたらしい。口が達者だったため、口喧嘩になると彼が言い返せなくなってしまう。すると、必ず手を出されていた。殴られた時、相手は必ず泣いて謝るのだが『原因はお前だ』と言っていた。だからといって暴力は絶対にいけない。最低の行為なのだが、DVを受けたツラい経験のある人は少なくないのである。

お笑い芸人の元カレがDVだった

「もう思い出したくもないですけどね……私は、DV被害者でした」  現在、1児の母である綾子さん(29歳・仮名)が重い口を開く。彼女が被害を受けていたのは5年前の元カレだという。相手の職業はお笑い芸人だったそうだ。 「当時売れない芸人と付き合っていたんです。面白くて基本的には良い人なんです。でも、実はすっごいプライドが高くて……」(綾子さん、以下同)  芸人好きの友人が開催する飲み会で知り合い、意気投合して2回目のデートで付き合うようになった。 「私は本当はお笑いには詳しくなくて、彼のことは知らなかったんです。でも、飲み会の雰囲気的に“知ってる”というテイの方がいいだろうなと思って。彼が『俺が〇〇の番組に出た時は~!』とか言ったら『あれか~!』みたく合わせていたんです。それが、彼をその気にさせてしまったんだと思います」  数年前に何度か地上波の番組に出演した経験はあるものの、お笑いだけではとても食べられなかったという彼。 「いつからか私がおごるのが当たり前になってきたんです。それで私もブチ切れて『もっとお笑いのネタになるバイトするとか、資格取るとかしたら?』って言ったんです。だって、お笑いがよくわからない私ですら知っている有名な芸人さん達って、テレビでエピソードトークができるような趣味とか特技がたくさんあるじゃないですか。  だから彼にも頑張ってほしいから言ったんですよ。1か月2本あるかないかの前説だけこなして収入もなくて、『今のままでいいと思っているの?』って」  あくまで、彼のためを思っての発言だった。しかし、彼から向けられたのは感謝の言葉でもなんでもなく、鉄拳だった。 「いきなり両肩を掴まれてフローリングに叩きつけられました。で、お腹をボコっと1発殴られました。もうその時は何が起きているんだか全くわかりませんでした。それから『何も業界のことをわからないくせにいろいろ口出しするな!』と怒鳴られたので、放心状態のまま自宅に帰りました」  綾子さん的には自然消滅だろうと感じたそうだが数日後、彼から泣きながら電話がかかってきたという。 「1年以上付き合っていたから、このまま終わるのも……とは思っていたので、直接会って話すことになりました。もう絶対に殴らないから、って言うんで一応は許しました」
次のページ
殴った後に泣いて謝るまでがワンセット
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事